リピーテッド

リピーテッド

作品情報

原題 Before I Go to Sleep
製作年 2014年
日本劇場公開日 2015年5月23日
製作国 イギリス・フランス・スウェーデン
上映時間 92分

あらすじ

クリスティーン(ニコール・キッドマン)は、事故の後遺症により毎朝目覚める度に、前日までの記憶が失われてしまう特殊な記憶障害を負っている。夫のベン(コリン・ファース)は、結婚していることや夫である自分のことすらも忘れてしまう彼女を、献身的な愛で支えていた。ある日、ベンの留守中に医師を名乗る男(マーク・ストロング)から電話がかかってくる。少し前から夫に内緒で、クリスティーンの治療にあたっているという医師は、 「数週間、あなたは毎日の出来事をひそかに映像日記として撮影してきた」と言い、その隠し場所を告げる。そして、日記を再生したクリスティーンは、記憶障害の原因が、誰かに襲われて瀕死の重傷を負ったことだと知る。夫の言葉と違う医師の言葉。一体誰を信じればいいのか?クリスティーンは〝昨日の自分からのメッセージ″を頼りに、謎を追っていくが、辿りついた真実は、想像もできないものだった。

新着感想・ネタバレ

riceballmeshiの感想・評価
面白かった!夢中になってみてしまった。お友達からの電話で知らされるシーンはゾッとした。ニコールキッドマンは美しいなー。。。あと、元旦那、もっといい人いなかったかなー笑。
それにしてもこの変な邦題やめてほしい。なんか、なんとなく、紛らわしい。原題のままで良くないかしら。
ace666metalの感想・評価
記憶を辿る系は何回か見直さないと理解し辛いのが多いけどコレはそうでもないかな けっこう豪華なキャストの割にはサッパリとした内容 ミステリーとサスペンスを足してかなり薄めた感が強い 
元親友のクレアが「右頬の傷はマイク」って言ってなかったっけ?
S_Kyawaiの感想・評価
鑑賞中はハラハラしたけど、終わってみれば腑に落ちない点がちらほらと…
記憶を辿る系の映画は見直したくなるけど、この作品はそうでもないかな。

最後はきれいにまとまった感があるけど、過去を知らなければそれなりに幸せだったんじゃないかなぁ
結局、大元の原因は主人公にあるんじゃないの?
ciatrをフォロー: