ハイネケン誘拐の代償

ハイネケン誘拐の代償

作品情報

原題 Kidnapping Mr. Heineken
製作年 2015年
日本劇場公開日 2015年6月13日
製作国 ベルギー・イギリス・オランダ
上映時間 95分

あらすじ

大富豪誘拐事件の≪裏≫で、いったい何が起きたのか--?実話に基づく、本格サスペンス・ミステリー! 1983年、オランダ・アムステルダム。大ビール企業「ハイネケン」の経営者、フレディ・ハイネケンが何者かに誘拐された。世界屈指の大富豪の誘拐は世間を驚かせ、警察も巨大組織による犯行を疑う。しかし誘拐したのは、犯罪経験のない幼なじみの5人の若者だった……。 大胆不敵な計画を実行し、史上最高額(当時)の身代金を要求する犯人グループ。すべては上手くいくはずだった。ところが、人質であるハイネケンの傲慢な言動に、5人は翻弄され、歯車が狂いだしてゆく……。駆け引き、誤算、落とし穴。誘拐された大富豪と、誘拐した若者たち。追い詰め、追い詰められる男たちが支払う“誘拐の代償”とは――?!

新着感想・ネタバレ

taichimachimaの感想・評価
犯罪経験のない幼馴染み5人が身代金目的の誘拐を企てる。標的はハイネケンの経営者で大富豪、フレディ・ハイネケン(アンソニー・ホプキンス)であった。
とまあこんなあらすじの映画です。うむ、予告を見る限りでは優位な立場にあるはずの誘拐グループが、ハイネケンの老獪な話術によって少しずつ狂わされていく・・・といった展開を期待してましたが、ちょっと物足りなかったですね。
実話を基にしたということもあり、派手さや盛り上がりはありませんが、気づけば画面に集中している、そんな映画でした。
Misao_Yoshikawaの感想・評価
知らなかったこの事件(/o\) 金が絡むと仲間割れおきるよね。
sanagiの感想・評価
アンソニー・ホプキンス見たさに。
実話を基にしているだけあって、超人な登場人物は出てこない。ある意味、地味な映画。
アクションよりも、犯人グループの変化に重きを置いている。警察サイドの視点が一切無いので、観客も先の展開が読めない。
ciatrをフォロー: