パパ、アイ・ラブ・ユー

パパ、アイ・ラブ・ユー

作品情報

原題 The End of Love
製作年 2012年
製作国 アメリカ
上映時間 92分

新着感想・ネタバレ

deracine3301の感想・評価
邦題に改変しないで欲しかったかなというのが正直なところです。

役者を目指しながら頑張っていたマークは突然の事故で妻を失い、
息子のアイザックの面倒を見ながら生きていくことになりました。
アイザックは2歳。難しい年頃で、ママが死んだこともわからない。
マークは苦悩し続けます。
ずっと。それはもうひたすらに。

間を長く使う映画なのでいわゆる楽しい映画ではないんですが、
現実、苦境、挫折、失敗…そういったものをたっぷり時間を使って撮ると、ドキュメンタリー番組よりもリアリティを持って私たちの心の中に訴えかけられるのかもしれません。
whentheycryの感想・評価
妻を亡くした俳優志望のマークはギリギリの生活で2歳の息子アイザックと暮らしている。
絶対号泣するな!これ!という覚悟で臨んだものの2人のギリギリの生活を淡々と描いているからホロリとはあっても号泣は無かった。
結局最後まで大きな何かがあるわけじゃないけどマークは原題通りに愛した妻が死んだことを受け入れる。それがある意味愛の終わり。
でもまだ彼には脈アリの女性もアイザックもいる!このから始まる愛もあるのだと最後には感じました。

その淡々としたこの映画でビックリするのは半ば本人役っぽい形で出演した俳優陣の顔ぶれです。
ciatrをフォロー: