きみはいい子

きみはいい子

作品情報

製作年 2015年
日本劇場公開日 2015年6月27日
製作国 日本
上映時間 121分

あらすじ

岡野(高良健吾)は、桜ヶ丘小学校4年2組を受けもつ新米教師。まじめだが優柔不断で、問題に真っ正面から向き合えない性格ゆえか、児童たちはなかなか岡野の言うことをきいてくれず、恋人との仲もあいまいだ。 雅美(尾野真千子)は、夫が海外に単身赴任中のため3歳の娘・あやねとふたり暮らし。ママ友らに見せる笑顔の陰で、雅美は自宅でたびたびあやねに手をあげ、自身も幼い頃親に暴力を振るわれていた過去をもっている。 あきこ(喜多道枝)は、小学校へと続く坂道の家にひとりで暮らす老人。買い物に行ったスーパーでお金を払わずに店を出たことを店員の櫻井(富田靖子)にとがめられ、認知症が始まったのかと不安な日々をすごしている。 とあるひとつの町で、それぞれに暮らす彼らはさまざまな局面で交差しながら、思いがけない「出会い」と「気づき」によって、新たな一歩を踏み出すことになる―。

新着感想・ネタバレ

manikademonikaの感想・評価
結構な心痛む場面もあったけど、印象に残る映画だな。
愛のある親もでてきてよかった。

気張らない。モットーにしようかな笑
haaaru30の感想・評価
涙が止まりませんでした。
本当に大事なことに気付けていない誰か、また気づいていても気づいていないふりをしている誰かに、安心感を与えてくれる作品です。
Sensyu_Kishimotoの感想・評価
@柏キネマ旬報シアター

問題解説のヒントが
ciatrをフォロー: