チャイルド44 森に消えた子供たち

チャイルド44 森に消えた子供たち

作品情報

原題 Child 44
製作年 2015年
日本劇場公開日 2015年7月3日
製作国 アメリカ
上映時間 137分

あらすじ

1953年、スターリン政権下のソ連で、子供たちの変死体が次々と発見される。年齢は9歳から14歳、全裸で胃は摘出され、山間にもかかわらず死因は溺死。だが、“殺人は国家が掲げる思想に反する”ため、すべて事故として処理される。秘密警察の捜査官レオは親友の息子の死をきっかけに、事件解明に乗り出す。捜査が進むほどに、国家に行く手を阻まれ、さらに、愛する妻にも不当な容疑が。真実が容易に歪められるこの国で、レオは真犯人に辿り着けるのか──?

新着感想・ネタバレ

yukichi78の感想・評価
スターリン政権下のソ連を舞台に、連続殺人事件の真実に迫ろうとする主人公夫妻の物語。
真実を認めない社会主義国家。権力の下に友人、家族まで疑い欺かなければいけない世の中。夫妻の絆が次第に深くなっていくのにホッとした。
Naura_Tanakaの感想・評価
結果が出るまでが長く
主人公の気持ちがどこにあるのか
何が本当なのか
疑いながら観てる感じで
ライーサに対しても不信感でしたが
途中途中にあるアクションが衝撃的で
汽車の中でのシーンは
迫力がありましたし
夫婦の気持ちが真実に近づくにつれて
寄り添いあっていくのも
人間味があってよかったです。

ラストの姉妹を引き取るのは
どこかで出てくるだろうと思っていましたが
そうなって欲しいと思って見ていたので
嬉しいラストでした。
ああやって誰かの心を救える人を
本当に尊敬しますし
自分もそういう人間でありたいです。

potunenの感想・評価
重厚な雰囲気の凡作。スターリン政権下のソ連ってこんなのだったのか、と思えるほど雰囲気はいいけど、事件そのものと人間関係の描写のバランスが悪くて、どう見たらいいのか分からなくなる感じ。
ciatrをフォロー: