エクス・マキナ

エクス・マキナ

作品情報

原題 Ex Machina
製作年 2015年
日本劇場公開日 2016年6月11日
製作国 イギリス
上映時間 108分
ジャンル SF・ファンタジー>SF

あらすじ

検索エンジンで有名な世界最大のインターネット会社“ブルーブック”でプログラマーとして働くケイレブは、巨万の富を築きながらも普段は滅多に姿を現さない社長のネイサンが所有する山間の別荘に1週間滞在するチャンスを得る。 しかし、人里離れたその地に到着したケイレブを待っていたのは、美しい女性型ロボット“エヴァ”に搭載された世界初の実用レベルとなる人工知能のテストに協力するという、興味深くも不可思議な実験だった・・・。

新着感想・ネタバレ

Miyu_Kawasujiの感想・評価
ロボット恐怖症の私だけど、AIにはすごく興味があるからロボットものを観てしまう。部屋の電気全部つけてめちゃめちゃビビりながら観たけど観てよかった。以外感想↓
----------------------------------------------------

これはAIの恐怖を感じる映画ではない。
この作品を観たあと「やっぱりAIは人間に反逆するかもしれない、AIは怖い」と思うのがまず率直な感想だと思う。でも、エヴァと人間を置き換えて考えてみるとそれはおかしいことに気づく。部屋に監禁し、テストに失敗すると破壊するネイサンの行為は人間に対しては完全に虐待であるのは疑問の余地もない。今作のショッキングなあのエンドも、途端に普通の復讐劇、脱走劇になる。ではなぜ、エヴァがネイサンを殺し外の世界へ逃げ出したのは「AIのヒトへの恐ろしい反逆」のストーリーとして受け止められるのか?
ここで問題となってくるのは、⑴そもそもエヴァは意識を持つAIだったか?ということと、⑵AIは人間に危害を与えてはいけない、ということだと思う。

⑴エヴァが本当に意識を持つAIだったか?ということに関しては、まず、作中AIの意識の有無を確かめるために用いられていたチューリングテスト自体が「それが本当に意識を持っているかどうか」を測ることを目的としていない、というのを前提に考えたほうがいいと思う。というより、そもそも何かが「本当に」意識を持っているかどうかなんて測るのは不可能だ...
s_p_n_minacoの感想・評価
山の中の豪邸を舞台に、如何にもヤバげなマッドサイエンティスト社長と選ばれし善人、人工知能エヴァのサスペンスフルな駆け引き。またドーナル・グリーソン!オスカー・アイザック、アリシア・ヴィキャンデル共々ほんと売れっ子ね。で、これもまたSF版女子サヴァイバル&脱出映画…かもしれない。エンディングに流れるSavagesの"Husbands"からしてもそう受け取れたし、尚更ディストピア感が。
エヴァの造形や動く時の小さな音が良い。これで超人パワーを持ってたらB級っぽくて興醒めだけど、繊細可憐な女の子に見せてるのがポイントだ(ちょっとターミネーターっぽくもあるが)。めくるめく鏡像、外の緑、ポロックの絵、ディスコダンス、透明な隔たり。暗示的モチーフを組み込んだ美術デザインが細部まで凝ってて、カードキーがカッコ良かったな。でもSFや近未来ものって何でミニマルでアジアや日本テイストが入ってくるんだろう…そこがいつも解せない。
まあAIが女ばかりってのは、ファンタジーとしての従順さを求めるという一つの見立てではあるのだが。そして常に裏切ることで完成する。自意識を持つエヴァが怖いとしたら、検索という集合知?の賜物であること。それは人間たちの潜在意識だから。
mandarin100の感想・評価
2016.7.16
ciatrをフォロー: