しあわせはどこにある

しあわせはどこにある

作品情報

原題 Hector and the Search for Happiness
製作年 2014年
日本劇場公開日 2015年6月13日
製作国 イギリス・ドイツ・カナダ・南アフリカ
上映時間 119分
ジャンル コメディ

あらすじ

幸せってなんだろう? どこにあるんだろう—? Google先生に聞いても分からない。答えをさがして、僕は旅に出た。 精神科医のヘクターは、美人でしっかり者の恋人クララと一緒に、ロンドンで何一つ不自由のない生活を送っていた。しかし、毎日患者たちの不幸話を聞き続けていくうちに、自分自身の人生も価値の無い物のように思えてきてしまう。「幸せって、なんだろう…? それは、どこにあるんだろう?」ヘクターは答えを求めて、旅に出ることを決意する。イギリスを旅立ち、中国からチベット、アフリカ、そしてアメリカへ。行く先々でとんでもないハプニングに巻き込まれながらも、彼は各地で出会った幸せのヒントを手帳に書き記してゆく。はたして旅の終わりにヘクターは愛と幸せを見つけ出すことができるのだろうか—?

新着感想・ネタバレ

sinsi929の感想・評価

平凡な日々を送る精神科医が幸せとは何か探すため、世界を旅するコメディ映画

主人公の精神科医・ヘクター役にサイモン・ペッグ
ヘクターの彼女役にはロザムンド・パイク

展開に少し無理矢理な部分があるのですが、サイモン・ペッグの人懐っこい演技がそれを気にさせません

彼女役のロザムンド・パイクも「ゴーン・ガール」の時とは打って変わって裏表のない可愛らしいキャラクターで安心しました

その他のキャストも豪華なので要チェックです

劇中出てくるアニメーション演出も可愛らしいし、ヘクターがノートに書き留めていく色んな人の幸せの定義がグッとくる

観て癒されながら自分自身の幸せを見つけようと前向きになれる映画です
hoanchan2の感想・評価
しあわせを見つける旅にでるっていうありがちなロードムービーに見えるけど、サイモン・ペッグがあまりにも可愛くてもう関係なくなってしまうマジックにかかった。それにロザムンドと電話してるシーン果てしないほど愛くるしかったのでとても満足。
s_p_n_minacoの感想・評価
精神科医サイモン・ペッグが幸せの青い鳥を探して旅に出る。冒険というにはちんまりしてて、中国、チベット、アフリカ、LAと行く先々の出来事も大雑把にベタなんだが、ペッグの愛嬌で許せてしまう。旅立つ前のメガネにスーツ姿も意外にしっくり似合ってる。恋人ロザムンド・パイクも一緒に行くのかと思ったらそうではなくて、途中からヤな女みたいになったりもするけれど、でも可愛い。ペッグのメガネ掛けるとなお可愛い。所詮お伽噺、とにかく2人が可愛いってことで全部OKな映画。何より、黄色い飛行機と犬(テリアではない)、冒頭から「タンタン」オマージュが嬉しかった!ペッグ版タンタン実写化作れそう。
ciatrをフォロー: