ピアノチューナー・オブ・アースクエイク

ピアノチューナー・オブ・アースクエイク

作品情報

新着感想・ネタバレ

Keimiyazatoの感想・評価
女性オペラ歌手に惚れ込み孤島へ幽閉した科学者、その科学者に招かれ奇妙な自動人形演奏機みたいな物の調律を依頼されるピアノ調律師、、大筋はそんな感じなのだけどストーリーを追おうとするのはまず無理 難解を極めています、難解だけならこれまでのクエイ兄弟作品と同じですが本作は人間が演じていてコマ撮りアニメーションはごく僅か、アニメーション作品にあったグロテスクさは無く美しい映像が中心です、ラテンアメリカ文学の香りがして魅力的なのですが 正直言うと大概の方が眠気と戦うハメになると思います、★★★★なのはいつかこの作品にガッチリ気持ちがハマりそうな気がする期待値です、大好きな2001年だって爆睡する時もあるし(*´-`)制作はギリアムでございます。
sabiinuの感想・評価
2008/12/03 京都みなみ会館
ciatrをフォロー: