男として死ぬ

男として死ぬ

作品情報

原題 MORRER COMO UM HOMEM / TO DIE LIKE A MAN
製作年 2009年
製作国 ポルトガル
上映時間 134分

新着感想・ネタバレ

Katsuhiko__Miyataの感想・評価
天才グザヴィエ・ドラン?いまいち僕には良さがわからない。

おそらく、同じくクィアフィルムを撮るジョアン・ペドロ・ロドリゲスを知ってしまっているからだろう。

今作はポルトガルの先鋭ジョアン・ペドロ・ロドリゲスの傑作です。

この映画を観終えた時は『ヴェニスに死す』『地獄に堕ちた勇者ども』といったヴィスコンティの作風に通じるところがあるが、それ以上に強烈でセンセーショナルな作品かもしれない。あまりにも濃厚すぎる同性愛表現はちょっと万人受けは難しいなと考えますが・・あまりにも濃厚すぎるこそ、リアリティを感じたし、身近に感じることが出来たのだと思いました(グザヴィエにそういった部分でのリアリティを全く感じられない)

実は先日この監督にお会いしたんですが、大変素晴らしい方でした。12日アテネ・フランセでまた会えるのが楽しみで仕方ない←

今作も二年ぶりの上映でとても貴重な作品なのでぜひ、6月12日アテネ・フランセに足を運んでいただきたいですね。『麻雀』は日本初公開だし・・東京と京都合わせて二回しか上映しませんよ!!超レアですよ!!
ciatrをフォロー: