日本のいちばん長い日 (2015)

日本のいちばん長い日 (2015)

作品情報

製作年 2015年
日本劇場公開日 2015年8月8日
製作国 日本
上映時間 136分

あらすじ

太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾陸軍大臣、国民を案ずる天皇陛下、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相、ただ閣議を見守るしかない迫水久常書記官。一方、終戦に反対する畑中健二少佐ら青年将校たちはクーデターを計画する。

新着感想・ネタバレ

Kenta_Kawamuraの感想・評価
やはり前作に比べるとかなり原作を逸脱していることがある。とくに東條英機は戦犯であり、悪いイメージがあるが、さらに悪くさせようと意図的に作られたと思う。
Yuzukappaの感想・評価
不本意だが飛行機の中、聞こえにくいヘッドホンで鑑賞。
原田監督って不思議だ。シンプルな芝居なのに、カメラワークやカット割りでテンポをつくり、エンターテイメントしていく。
そしてクライマーズハイの時も思ったが劇映画っぽい演出とそれを排除したリアリティのある芝居の塩梅が素晴らしく、劇中の登場人物や出来事にものすごい真実味を感じる。もっくんの天皇とか全然気にならなかった。こんなんだったんだろうって思った。この監督にかかればキムタクもキムタクでなくなるんだろうか、そんなかんじ。
歴史的な知識がないと、なんやかんや大雑把な理解で見ていくことになるが、それでもギリギリ客を置いてけぼりにしない脚本がお見事。
起こったことそれ自体に魅力を感じているのだろう、ほとんど過度な演出がなく、比較的淡々と物語はすすんでいく。しかし、前述したような真実味のある登場人物の交錯によって飽きがまったくこなかった。とくに松坂桃李が素晴らしかった。彼は彼の考える正義のためにやったことで、戦後の日本を知っている我々からすると間違っていた考え方もなにか、刹那的で純粋な当時の哲学だったんだとジーンときてしまった。
武士の名残と現代のちょうど間、
そこに生きた人たちをがっちり理解することもできた。時代考証に感服。この映画をつくるために行った全ての努力が画面から滲み出ていた。
toshibakuonの感想・評価
ポツダム宣言受諾の裏にこのような歴史があったのを勉強不足で知らなかった。陸軍は死んでいった仲間のためにも本土決戦する覚悟と天皇の戦争を終わらせる英断にいろんな立場からの葛藤がある。役所広司の切腹シーンは痛々しくて目を背けたくなったし血気盛んな陸軍松坂桃李の演技は一見の価値あり。
ciatrをフォロー: