フレンチアルプスで起きたこと

フレンチアルプスで起きたこと

作品情報

原題 Turist
製作年 2014年
日本劇場公開日 2015年7月4日
製作国 スウェーデン・デンマーク・フランス・ノル
上映時間 118分

あらすじ

陽光きらめくフレンチアルプスで、家族4人の楽しいバカンス… のはずが、家庭崩壊の危機!? フランスの高級リゾートにスキー・バカンスにやってきたスウェーデン人一家。 スマートなビジネスマンのトマス、美しい妻エバ、愛らしい娘のヴェラと息子のハリー。普段仕事に忙しいトマスは、たまに取った休暇で高級リゾートを奮発し、ここぞとばかり家族サービスに精を出す。 バカンス2日目。たっぷりとスキーを楽しみ、陽が輝く絶景のテラスレストランで昼食をとっている最中、いきなり爆発音が鳴り響き、彼らの目の前の斜面で雪崩が発生する。それはスキー場の安全確保のため、人工的に起こした雪崩であった。トマスや他のスキー客たちは、ダイナミックな光景に面白がってカメラを向けるが、エバは何かがおかしいことに気づく。果たして、雪崩は予想外に勢いを増し、テラスめがけて向かってきた。 真っ白な雪の煙がだんだんと晴れていく。幸い大事には至らず、人々は再び笑いと活気を取り戻すが、雪崩の瞬間、トマスが見せた“期待はずれの行動”は、エバと子供たちを大いにガッカリさせ、家族の間の空気がぎくしゃくし始める。エバは雪崩が起きた時のトマスの行動を問いただすが、トマスはエバと異なる主張を繰り広げ、次第に夫婦仲にも暗雲が立ちこめてくる。今までの結婚生活に疑問を抱きはじめるエバ、反抗的な態度をみせる子供たち。そして「理想のパパ」の座を取り戻そうと必死にあがくトマス。 バカンスは5日間。残された時間の中で、バラバラになった家族の心は、再びひとつに戻る事ができるのか─?

新着感想・ネタバレ

EllyMimyの感想・評価
これ、かなり面白かったです!掘り出し物を見つけた気分。
人がいざ生死を分ける事態に直面した時、どうするのか?愛する家族を守るのか、それとも無我夢中で逃げるか?
心理合戦がスリリングで、妙におかしくておかしくて、笑ってしまいました。あの父親はホント情けない男で引っ叩きたくなったけど、(笑)最後は…?是非観てみてください!オススメです。
igagurichanの感想・評価
面白かった〜。
ブルジョア一家のスキーバカンス。
雪崩が起こり、咄嗟に家族を置いて逃げちゃったパパ。
それから地獄の日々の始まり始まり...笑
ビバルディの「夏」が恐怖心を煽る煽る!
コメディなんだけど、ハラハラするし、おっかない。
でも面白い。人の不幸は蜜の味...ってとこですかね(^^;
子ども達の性格が可愛くもなく自然だし、狼狽えるパパ。鬼のように追い詰めるママ。「ゴーンガール」と良く比較されてる本作だけど、これは、リアルにこんな事もあるかもねうんうんと頷いてしまう映画でした。
ラストの強烈な皮肉が効いていた。
HMworldtravellerの感想・評価
自然災害など予期せぬ事態が起きた時、あなたならとっさにどんな行動を取りますか?フレンチアルプスのスキーリゾートで休暇を楽しむ一家。そこで雪崩が起きた際に夫が取った行動とは。

うーん、これは男と女の本能的な差かなぁ、と思った。まずは本能、次に持って生まれた気質。妻からすると危機に直面した状況で私や子供を置き去りにして!と怒り心頭になるのもごもっともだし、その後に何とも言えない気まず〜い空気が流れるのもわかる。でも、突然の状況下では、頭で考えて行動を決めるというより、考えるより先に身体が動くこともあるだろう。そして男は一目散に逃げ女は逃げる際に瞬間的に子供を抱こうとした、これは父性と母性の差と言ったら言い過ぎだろうか。

それよりも問題はその次の展開。ストレートに「悪かった、ごめん」と言えばいいものを何事も無かったかのように言うからこじれてしまう 。これは奥さんの怒りのボルテージも上がるわ〜(笑)。これは嫌な記憶を無意識のうちに脳内改ざんしてしまう現実逃避症状なのかなと思ったり、だとしたら雪崩で1人先に逃げ出すよりも現実逃避の方がはるかに問題だし弱っちいよねと思ったりσ(^_^;)。何にしろ、観た人と話したくなるという意味ではすごく良い題材(笑)。

妻のほうも、自分だけでは気持ちを処理できなくなったのか、リゾートで知り合っただけのカップルを巻き込んで せっかくの食事中に夫の行動への不満を漏ら...
ciatrをフォロー: