ベルファスト71

ベルファスト71

作品情報

原題 '71
製作年 2014年
日本劇場公開日 2015年8月1日
製作国 イギリス
上映時間 99分

あらすじ

これは単なる過去の悲劇ではない。もはや避けられぬ「現実」なのだ。1971年、紛争が激化している北アイルランドのベルファストに、イギリス軍の新兵ゲイリーが着任する。町は、複雑に絡み合う活動家たちの思惑が交差し、それぞれの側で主導権を握ろうと暗躍していた。ゲイリーは、パトロールの最中に争いに巻き込まれ、その間に敵対派の少年に銃を盗まれてしまう。彼は、群衆の中に逃げ込んだ少年を追うが、自分が敵のテリトリーにたったひとりで入り込んでしまっていることに気づく。果たして、ゲイリーは生き残ることができるのだろうか。

新着感想・ネタバレ

s_p_n_minacoの感想・評価
カトリックとプロテスタントの対立が激化する71年のベルファストに、たった1人取り残された治安維持部隊のイングランド人新兵。住民に取り囲まれ立ち往生する場面は『ブラックホーク・ダウン』と似てた。そこから一晩の戦場サヴァイバル、街灯でオレンジ色に染まった街の闇から闇へ彷徨う主人公の緊張と恐怖が続く。そして最後まで重く虚しい。
アイルランド紛争について無知だと何が何だかわからないと思うが、哀しいことにただ訓練を受けて派遣されただけの主人公もよくわかってないのだ。同じ住民同士でも立場が入り組み、大人も子供も関係なく巻き込まれていて、敵と味方を見た目で判別出来るものでもない。全くのアウェイでルールもなく、どこがゴールかもわからない。彼はフットボールにおけるダービーとノッティンガムのライバル関係の由来も知らないが、ただ争いに参加してる。ベルファストの若者も同じように銃を取る。そんな不条理とカオスが当時の現実そのものと重なり、同胞でなくイングランド人の視点にしたことでより俯瞰的に見える。殆ど語らず殆ど逃げ惑うだけのジャック・オコンネルが、実質雄弁な演技だった。
nagahima5050の感想・評価
215.8.1.新宿武蔵野館
アイルランド紛争についての詳細知識はなかったが、先の読めない緊迫した展開に引き込まれた
そしてこの作品が何より素晴らしいのは大義のために未成年が殺されたり、殺したりする事、それが戦争であり、紛争であるという事をしっかり描いているところ

若者は戦争には行きたくないともっと声を上げたほうがいいよ
前線でステゴマにされるのは彼らで、政治家は安全な場所から指示するだけだから

Soldiers, Don't give yourselves to brutes, men who despise you and enslave you - who regiment your lives, tell you what to do, what to think and what to feel, who drill you, diet you, treat you as cattle, as cannon fodder.
チャップリンの独裁者より
whentheycryの感想・評価
アイルランド内戦最中のベルファストに1人取り残された新兵ゲイリー・フックの物語。

ベルファストは一般市民が日常生活を送りながらも独立反対派のカトリックと賛成派のプロテスタントとが對立する最前線。"治安維持活動"という名目で出動されるもそこで起きているのはもはや暴動ではなく戦争だった。
男も女も関係ない、老いも若いも関係ない。子供だって殺してくるしだから子供だって殺す。そこにあるのは敵か味方かという事だけというのが恐ろしいくらいに伝わってきた。
この為だけに生まれたキャラクターではなく実際に内戦の真っ只中にいた人物という感じがリアルで、戦争映画は数あれど1番恐ろしい"ルールなし"はこの映画が1番感じられます。


主演のジャック・オコンネルは僕が最も好きな俳優のうちの1人ですが、台詞が少なくより演技が際立っていて素晴らしいです。同世代の役者と頭一つ抜きん出ててます。
公開を控えてる『名もなき塀の中の王』の方が彼の演技が活きる役なので是非見てみて下さい。
ciatrをフォロー: