at Home アットホーム

at Home アットホーム

作品情報

製作年 2015年
日本劇場公開日 2015年8月22日
製作国 日本
上映時間 110分

あらすじ

夫婦と子ども3人の森山家の居間は、いつも和気あいあいとした雰囲気で満ちていた。大黒柱の父親、和彦(竹野内豊)の稼業は空き巣泥棒。今日も彼は、食卓 で団らん中の家族にその日の“稼ぎ"を報告し、妻・皐月(松雪泰子)はねぎらいの言葉をかけた。皐月の仕事はというと結婚詐欺で、彼女も時々、新たなター ゲットとの進展を報告して「これからどう騙すか」のアドバイスを仰ぎ、家族みんなはあれこれと知恵を寄せるのだった。 長男・淳(坂口健太郎)は大学に行かずに働きはじめ、長女の明日香(黒島結菜)は中学3年生で高校受験を控えており、末っ子の次男・隆史(池田優斗)は ゲーム好きの小学4年生。なかでも淳は、現金以外のものを盗ってくれば「我が家にとって危険!」と父親をたしなめるシッカリ者だ。印刷所の親方、和彦のムショ仲間だったゲンジ(國村隼)のもとでパスポート偽造の腕を磨き、一流偽造職人を目指していた。 実は、森山一家に血の繋がりはない。虐待、性暴力、DV…それぞれが重い過去を背負い、形だけの家族から逃れ、巡りあわせで出会った5人が偽りの名前で家族を装い、身元がバレないよう肩を寄せ合って暮らしてきた。 他人同士だが、いつしか本当の家族のようになっていく5人は、この場所こそが安住の地となっていた。だがある日、母がターゲットとして付き合いを進めていた 不動産王の息子ミツル(村本大輔)に、皐月の計画がバレてしまう。何を隠そう、この男の正体は同業の結婚詐欺師!自分がカモにされていたことに激昂したミツルは、皐月を監禁し、和彦のケータイに連絡を入れ、身代金として1千万円を銀行口座に振り込むよう求めてきた。 駆け引きの結果、翌日昼、皐月の身柄との直接交換にもちこむ。カネは即席で、淳が用意した。ゲンジの印刷所で、偽札の1千万円を作ったのだ。和彦は子どもたち3人を連れて、指定された場所、工事中の雑居ビルへと向かった。明日香と隆史を車に待機させ、和彦は淳と建物の中へ。そして和彦は目の前の“家族"を 守るため、ある決断をするのだった・・・。

新着感想・ネタバレ

gonbe73の感想・評価
2016/10/08
原作とほぼ一緒ですごくよかった。家族じゃないのに家族より家族らしいところがよく描けてたと思う。
松雪泰子がすごく似合ってた。黒島結菜かわいい!坂口健太郎もよかったな。ただ芸人使うのなんかやだった。使う必要ある?って感じ。
全体的にスローなテンポだったのはよかったけど途中集中力切れそうだった。
toshibakuonの感想・評価
DV、幼児虐待、近親相姦などで居場所がなくなった人たちがちょっとした縁で出会い一つの家族として生きていくのだけど今の世の中、本当の姉弟でも殺人が起きてしまうのに赤の他人でも拠り所を求めている人の方がよっぽど絆が強くなる事があるように思える。犯罪をおかしてまで生きるのは間違っているけど困っている人を少しの優しさで手を差し伸べたらきっとささやかでも幸せな毎日がやってくるはず。
heshinseiyaの感想・評価
各人が暗い過去を持つとはいえ、とっても幸せそうでした。本当の家族よりも家族。
ciatrをフォロー: