天空の蜂

天空の蜂

作品情報

製作年 2015年
日本劇場公開日 2015年9月12日
製作国 日本
上映時間 138分

あらすじ

1995年8月8日。最新鋭の超巨大ヘリ《ビッグB》が、突然動き出し、子供を一人乗せたまま、福井県にある原子力発電所「新陽」の真上に静止した。遠隔操縦によるハイジャックという驚愕の手口を使った犯人は〈天空の蜂〉と名乗り“全国すべての原発の破棄”を要求。従わなければ、大量の爆発物を搭載したヘリを原子炉に墜落させると宣言する。《ビッグB》を開発したヘリ設計士・湯原(江口洋介)と、原子力発電所の設計士・三島(本木雅弘)は、日本消滅の危機を止めるべく奔走するが、政府は原発破棄を回避しようとする。その時、捜査の手は意外な人物に辿り着いていく――。事件の裏に隠された驚愕の犯行目的と、隠蔽された真実とは――。大切なものを守り抜くために、命を懸けたカウントダウンが始まる。

新着感想・ネタバレ

S_Kyawaiの感想・評価
ラストのシーンがあったからこそ余計にリアリティを感じた。
というか、今だからこそ無い話ではない。

原発って、自分の生活にも関わるもののはずなのに、大多数の人にとっては他人事。
そういうことってきっと沢山あるんだろうなぁ…
kumies0120の感想・評価
スゴイ!見所ばっかり。気が抜けない。

内容は重いけど佐藤さんスパイスがいい感じなのはさすが堤監督。

家族の距離とか、若い刑事さんの数時間での成長、原発問題、自衛隊の決死の救出、等々、色々なドラマを盛り込んでるのにうるさ過ぎない。
複雑で、巧妙なストーリーですね。
三島の受け止めようとする姿が切ない。

湯原さんAB型だったのか、と最後に知る。
あぁ、確かにあのA型らしさの中にB型がいなければこうならなかったんだろうなと思う。

モールス信号、習わなきゃ!
ridokamoの感想・評価
なにこれすごい面白かった…!
真実が明かされるまでの見せ方とかすごい上手だし、映像も、あのヘリとかめちゃくちゃカッコイイ…!!!
いろんなストーリーが詰まってて、とても楽しめたp(^-^)q

にしても邦画のポスターはもうちょっとかっこよく作れないものかね!
この出演者並べるタイプのやつ好きじゃない(^o^)(^o^)
ciatrをフォロー: