フロム・イーブル バチカンを震撼させた悪魔の神父

フロム・イーブル バチカンを震撼させた悪魔の神父

作品情報

原題 Deliver Us from Evil
製作年 2006年
製作国 アメリカ
上映時間 101分

新着感想・ネタバレ

mayakiの感想・評価
「スポットライト」の題材となった事件、カトリックの神父による児童への性的虐待についてのドキュメンタリー。

観ていて本当に気分が悪くなる…。それほどまでに酷い事件。虐待を繰り返した神父が笑いながらインタビューに答えているのがまたなんとも。。そんな彼を援助し続ける協会も一体何なんだ。。

虐待された人たちの言葉もそうだが、その親の言葉が特にしんどかった。
信仰心や家族愛を踏みにじられ、その後の人生まで破滅させられて、
それでも教会は内部を隠し続けて観ているこちらまで怒りがわいてくる。

全員が悪い人なわけじゃないのはわかっているが、それでもやっぱり宗教ってどこか異様というか異常だなと思わざるを得ない。

スポットライトとセットでの鑑賞がオススメ。
Yuzukappaの感想・評価
永遠に性を奪われたつらさ、
そして人の原罪。本来人をに平安を与える宗教が、こうも憎しみを残すとは。
最後のジョウノパパの言葉にほんとに胸が締め付けられるおもいだった。あとトンデモ神父の過去をだすタイミングが絶妙。
ciatrをフォロー: