デジモンアドベンチャー tri. 第1章「再会」

デジモンアドベンチャー tri. 第1章「再会」

作品情報

製作年 2015年
日本劇場公開日 2015年11月21日
製作国 日本

あらすじ

八神太一ら「選ばれし子どもたち」が 異世界・デジタルワールドへ渡ったあの夏の冒険から6年。 そして、八神ヒカリたちとベリアルヴァンデモンとの最後の戦いから 3年の月日が流れようとしていた。 平穏な毎日が続くなか、いつの間にか閉じてしまったデジタルワールドへのゲート。 選ばれし子どもたちにもその原因は分からぬまま、時間だけが過ぎ去っていく―― そんなある日、突如としてお台場の街にクワガーモンが出現。 その暴走により街は破壊され、人々は大混乱に陥る。 クワガーモンを偶然見かけた太一は、その暴走を止めるために 単身その姿を追いかけるのだった。 しかし、クワガーモンと対峙するも、どうすることも出来ない太一。 「だめだ…俺一人じゃ、なにもできない…」 咆哮とともにクワガーモンが太一に襲いかかったその瞬間、 デジヴァイスが大きな光を放ち始めた―― 「太一、でっかくなったなーっ!」 懐かしいあの声とともに、物語は再び大きく動き始める。 八神太一、17歳、高校生。 今、再び 冒険が進化する―

新着感想・ネタバレ

c54739022の感想・評価
思い出補正
seiyatabataの感想・評価
和田光司じゃなかった、、butterfly
Takuの感想・評価
僕の地元で上映してないので、遠征して観てきました!

世代ってのはやっぱ強烈なパワーを発揮しますね。思い出補正と呼ばれるものは、もしかしたら最強なのかもしれません。

butter-fly、 brave heartだけで泣いてしまいます。それくらい強いです。
アグモン!!デジヴァイスからあの音が!!グレイモン来たぁぁぁぁ!!!!(((o(*゚▽゚*)o)))
ってなりますね!

それをそれぞれの進化の度に全力で楽しむ映画でした。

物語のテンポはややslowlyです。

ドラゴンボールの神神やF、コードギアスのアキト、エヴァのQなど、アニメ原作ありの続編という形の映画は、ややテンポがスローなのは何故なのでしょう。見切り発車だから?慎重にし過ぎた?
…うーん、何故なのでしょう。。

(ここからプチネタバレ)

高校生になった、選ばれし子供たち。悩む時期です。悩みます。

昔とは違う、というのが1つの大きなテーマのようです。

ちょっと昔を思い出しました。アニメ時代の話です。
スカルグレイモンになって暴走してしまったアグモンが、進化を怖がってしまう話があります。それを克服し、太一が紋章にもある本当の「勇気」というものを得るという話です。

今回、形を変えてはいますが、太一のこの「勇気」というポイントがクローズされてるように感じました。

「勇気」「友情」「愛情」「希望」あとなんだったかな…?

それぞれの紋章です。そして、実は作品...
ciatrをフォロー: