杉原千畝 スギハラチウネ

杉原千畝 スギハラチウネ

作品情報

製作年 2015年
日本劇場公開日 2015年12月5日
製作国 日本
上映時間 139分
ジャンル ドラマ・恋愛>カルチャー>伝記映画

あらすじ

杉原千畝といえば、多くのユダヤ難民を救ったヒューマニストとして有名だが、稀代の【インテリジェンス・オフィサー(諜報外交官)】であったことは、あまり語られていない― 堪能な語学と豊富な知識を駆使し、世界各国で諜報活動に携わり、リトアニア赴任時には一大諜報網を構築。 混乱の極みにあった世界情勢を分析し、身の危険を顧みず、日本に情報を発信し続けていたのだ。 【インテリジェンス・オフィサー】としての千畝の信念とは。 ユダヤ難民にヴィザを発給し続けた千畝の心情とは。 遂に本作で、今まで描かれることのなかった本当の杉原千畝の姿が明らかとなる。

新着感想・ネタバレ

kumies0120の感想・評価
名古屋にも千畝さんゆかりの地があり、最近、人道の道というところを歩いたので気になって見てみました。
女性の服や建物や車が素敵でした。

もっとちゃんと歴史を勉強してたら、ポーランドの彼やドイツ系の彼の細かな心情もわかったのかな。
不勉強すぎて駐独大使が最後何に何で収監されたのかもわからず。
領事館と大使館の違いも知らないので、改めて勉強したいなと思いました。

冒頭列車内のシーンて、イリーナの「Would you mind?」に千畝さんが「Yeah」と答えながらも背中の紐を締めてあげてるのが気になりました。
聞き間違いかな、それともそれで正しいのかな。
また、子どもたちや感情的なシーンも英語なのが、映画だからとはいえ気になってしまい残念でした。
toshibakuonの感想・評価
たくさんのユダヤ人を救った日本の外交官がいたのを初めて知った。歴史の中で脚光を浴びていなかったので学ばなかったがこの人がいたおかげで4万人以上の子孫が存在すると思うと凄いことだな。外交官としては逸脱行為ではあるけれど人として尊敬に値する人物だ。奥さんの存在がやや薄めと最後の方は戦争の早送りみたいな展開で物語に落ち着きを欠いたように感じた。
Spicysabletの感想・評価
見直されている杉原千畝の人生。
小雪が妻役なのは違和感。
杉原千畝だけでなく多くの人の決断で助かった命があったこがよくわかった。
ciatrをフォロー: