ガールズ・ステップ

ガールズ・ステップ

作品情報

原題 (C)宇山佳佑/集英社 (C)2015「ガールズ・ステップ」製作委員会
製作年 2015年
日本劇場公開日 2015年9月12日
製作国 日本
上映時間 115分

新着感想・ネタバレ

macha_sunの感想・評価
2015.10.7
wakamewattsの感想・評価
この映画学園青春ドラマだ。体育の必修ダンス授業をさぼった5人の生徒達が単位取得を条件に街のフェステバルでダンスを披露する課題を言い付けられる。趣味も好みも性格もバラバラの5人は、渋々ダンス練習を始める。いざ本番で、失敗しながらも最後まで踊り切った。ここから、仲間意識が芽生え、ダンス部を発足させて、ダンスに打ち込むことになった。しかし、この5人には、数々の難題が降りかかるのだ。(#15-120)
inazumababyの感想・評価
[うーん、、、この映画は何で客を集めようとしたのか?謎だったなぁ(笑)
B級映画のようなパロディ感やくだらなさがあるわけでもなく、特に内容があるわけでもない、メインの5人の女の子もジミーズという設定なだけあって全員がめちゃくちゃ可愛いというわけでもないし
青春映画だが熱血でもないし…
ともかくこの映画は一部のこういうのが好きな人しか楽しめない作品なのではないだろうか。
だけど僕はこういうの嫌いじゃなくて、
むしろこういった作品の中で逆にどこか一個でもいいところがあるはずと思って観るのが楽しかったりする。]


それぞれが感じる劣等感だったり、悩みに共感した。特に良かったのが、主人公が自分の気持ちを殺して周りに合わせて学校という社会で生きているっていうのが今の自分に近い物があって一番共感できた。
この映画で許せないのが散々いじめたり、軽蔑したり、パシリにしてた自分達イケてるからあんたたちとは違うのよって感じだった連中が、終盤になったら手のひら返しで協力してくる感じ、本当に嫌い。
でも主人公たちはいいやつら(さすが映画)なので、その後問題が起きたりはしないんだけど。
共感とこのイライラを感じられたという点で、この映画を観た価値はあったのだろう。
ただ、ダンスのレベルがダンス映画にしては低く、大会に出てる他の人達のダンスと比べても全然レベルが違うのに
主人公たちが舞台に立って踊り出すと、審査員がおっ?みたいな感じになって
それはねーよ(笑)ってなったのと、
路上で団子みたいになって抱き合うシーンはちょっと笑ってしまった。


あと、小芝風花無双です。一人だけ郡抜きで可愛かったです(笑)
ciatrをフォロー: