それでも僕は帰る シリア 若者たちが求め続けたふるさと

それでも僕は帰る シリア 若者たちが求め続けたふるさと

作品情報

原題 The Return to Homs
製作年 2013年
日本劇場公開日 2015年8月1日
製作国 シリア・ドイツ
上映時間 89分

新着感想・ネタバレ

whentheycryの感想・評価
先日、ツイッターにて回ってきた「静かな死」の記事を読み凄いショックを受けました。ニュースでもよく取り上げられているシリア難民。このタイミングで公開されていたので見に行くしかないと思いました。

夢はサッカー選手の青年、バセットはそのカリスマ性から反対派を率いる存在となる。サッカーボールを蹴っていた青年はボロボロになったシリアの都市ホムスで銃を片手に戦い、そんなバセットと共に行動し何が起きているのかをカメラに収めるオサマ。
日本に住んでいる身として本当にこれがリアルだと信じられない事が起きている。僕なんかがバセット達やホムスを愛する人たちに何かできる事がないのが歯痒い。せめてできることはこのことを多くの人に知ってもらうことだと言われました。

午前2時に故郷を追い出されること、何の罪もない少年が死ぬこと、カメラを回していた友人の行方はおろか生死すらもわからなくなること、サッカー選手を夢見た青年が足を撃ち抜かれること、たった5分間で6人の友を失うこと。
こんなことが今現在の地球で起きてます。一人一人の力じゃたかが知れてますが、多くの人が知り意識することで多少なりとも変わるキッカケが増えると思います。これこそ今見なきゃいけない映画です。
ciatrをフォロー: