ブラック・シー

ブラック・シー

作品情報

原題 Black Sea
製作年 2014年
日本劇場公開日 2015年8月15日
製作国 イギリス・ロシア
上映時間 115分

あらすじ

海洋サルベージの専門家ロビンソン(ジュード・ロウ)は、ある日突然、11年間も勤め続けた会社からクビを言い渡され、途方にくれる。30年近くも仕事一筋で、家族を犠牲にしてきたロビンソンにとって、陸上での仕事は想定外なのだ。妻と12歳の息子も彼のもとを離れてしまった。そんな矢先、昔の仕事仲間カーストンから耳寄りな情報を得る。第二次大戦時に莫大な金塊を積んだドイツ軍のUボートが黒海のグルジア沖の深海に沈没したままになっているというのだ。 その引き揚げに成功すれば新規巻き直しの大チャンスになると考えたロビンソンは、仲立ちをするダニエルズ(スクート・マクネイリー)によって提案されたプランに飛びつき一攫千金を狙う男たちと共にボロ潜水艦に乗り込み、海中深く潜行していく。獲物にたどり着くや、取り分を巡る醜い争いが勃発する。やがて逃げ場のない船内は死闘の場と化す。果たして金塊は誰の手に…。

新着感想・ネタバレ

s_p_n_minacoの感想・評価
夏は潜水艦映画…。金に困った元潜水艦乗りがナチスの金塊の眠る海底へ。金目当てで手を組んだ英国人とロシア人チームに、パトロンから送り込まれた銀行家、たまたま加わった少年を乗せたボロい潜水艦はトラブルが勃発。荒くれチームの冒険映画風は最初だけ、やがて密室心理サスペンス&サヴァイバルに。陰気だし狭いし男だらけだし、何より鬱陶しいほどの貧乏臭さ。陸では酷くみすぼらしい艦長ジュード・ロウが、深海だとさすがのカリスマ性を見せるのだが、事態はどんどん悪化していく。
労働者版『Uボート』だし、失業オヤジたちがヤケクソで一発逆転に賭ける『フル・モンティ』の暗黒版とも思えた。奪う者と奪われる者の無慈悲な構図は、90年代とは違う今のグローバルな経済問題を象徴。人生の底から浮上するには一攫千金の甘い夢しかない。そんな背景が一貫して骨太で、ジュードの青い眼は暗い狂気と地獄で笑うアンチヒーローらしさを宿してる。一昔前ならロードショウ大作として公開されてもおかしくないはず。
akaneiro13579の感想・評価
家でみました。潜水艦の中を撮してる時間が長いのでわくわく系ではない。どちらかといえば鬱系だったかな。終盤は早く結果が知りなくてたまらなかったです。ある意味ラストに向かって盛り上がった。いろいろと設定に疑問に思うところがあるけどちゃんと調べてないので何とも言えません。
kanameanditの感想・評価
ジュードロウのかっこよさは健在。ドイツの金塊目当てで深い海の底へと潜水艦で潜るのだが…
そこでは裏切り、欲、弱肉強食などその狭く暗い限られた酸素の中繰り広げられる。ハラハラ楽しめる作品。
ciatrをフォロー: