Dearダニー 君へのうた

Dearダニー 君へのうた

作品情報

原題 Danny Collins
製作年 2015年
日本劇場公開日 2015年9月5日
製作国 アメリカ
上映時間 107分

あらすじ

スターとしての絶頂期を過ぎ、もう何年も新曲を書いていないダニー。往年のヒット曲さえ歌っていればハデな暮らしは続けられたが、どこか空しかった。そんな時、憧れのジョン・レノンからの手紙が届く。43年前、駆け出しの頃のダニーに書かれた手紙を、長年彼を支えてきたマネージャーが見つけたのだ。そこには、富や名声に惑わされず、音楽への愛情を持ち続けることの大切さが綴られていた。 ジョンの言葉に励まされ、人生を変えることを決意したダニーは、ツアーをキャンセルし、顔も見たことのない息子に会う旅に出る。予想通り息子からは激しく拒絶されるが、気立ての良い妻と可愛い孫娘を味方につけ、懸命に愛情を捧げるダニー。しかし、心を開きかけた息子は深刻な病にかかっていた。父として、そしてミュージシャンとしてもやり直すために、ダニーが選んだ道とは──?

新着感想・ネタバレ

s_p_n_minacoの感想・評価
ダスティン・ホフマンが可愛いおじいちゃん枠になっても、アル・パチーノは未だにギラギラしてる。ちっとも丸くならないし、やっぱ高田純次に似てる。今作では派手好きで、自堕落な往年のポップスター。だが心酔するジョン・レノンから時を隔てて自分宛の手紙を受け取ったのを機に、心改め出直し旅に出る。これがまた、自由勝手に押しまくる高田純次に見えてしょうがない。ああウザい。でも、それをみんなちゃんと受け止めてツッコミ入れてくれる。
こんなにパチーノに優しい映画はないよ。世間の冷たさとか老いの現実に対峙することなく、成長することもなく、憎めない不良おじいちゃんとして甘やかされたまま。しかも、仮にも歌手なのに映画は肝心の新曲や演奏シーンから明らかに逃げている。脚本はそう悪くないが、パチーノを扱う姿勢が生温く及び腰なのだ。マネージャーのクリストファー・プラマーももっと何かあると思ったのに…。

結局実はジョン・レノンの方が主役だったんじゃないかと思うのだけど、レノンのヒット曲が次々リンクして流れるのは過剰であざとかった。若い頃のパチーノ役が似てたし、息子がボビー・カナヴィルってのは可笑しい(身長差!)。
gonbe73の感想・評価
2016/09/13
翻訳者 藤澤睦実
これがアルパチーノなの?っていうくらいわかんなかった!若い頃のやつしか見てないからだろうけどやっぱり昔の尖ってる感じのが好きだな。
内容的には高校の時国語の授業で聞いたサザン解散の話とかぶるところがあって懐かしく思った。ライブをしても昔の曲ばかり期待されたらバンドとしては終わりだとかなんとか。
tophelosの感想・評価
2015/10/10 シネリーブル神戸
アル・パチーノといえば、子供の頃にTVで観た「セルピコ」や「狼たちの午後」などのギラギラした印象か、郁恵ちゃんのあの曲(当時はパシーノ表記)を思い出すような世代であるが、自分がこれだけオッサンになっているのだから、当のアル・パチーノはもちろん老境である。でもさすが名優、若き日とはまた違った円熟の魅力で、年老いたシンガーを飄々と演じている。相棒のクリストファー・プラマーはもちろんアル・パチーノよりもさらに年上であるが、「巧い」という言葉がぴったりの安心して観られる映画だろう。
ciatrをフォロー: