蜜のあわれ

蜜のあわれ

作品情報

製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年4月1日
製作国 日本
上映時間 105分
ジャンル ドラマ・恋愛>恋愛>官能映画

あらすじ

自分のことを「あたい」と呼び、まあるいお尻と愛嬌のある顔が愛くるしい赤子(二階堂ふみ)は、共に暮らす老作家(大杉漣)を「おじさま」と呼んで、とめどないおしゃべりをして毎日を過ごしている。 ふたりはかなりきわどいエロチックな会話を繰り返し、夜は身体をぴったりとくっ付けて一緒に寝たりもする。しかしなにやら様子がおかしい。赤子は普通の女とは何かが違う。 普通の人間には彼女の正体がわからず、野良猫には正体がバレてしまう。 そう、彼女はある時は女(ひと)、ある時は尾鰭をひらひらさせる真っ赤な金魚・・。 そんな赤子と老作家が静かに暮らしている中、少々怪しげな老作家の“過去の女”が現れて・・。

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
晩年の作家が擬人化した金魚と仲良くするお話。大正の雰囲気がうまく表現されています。独特の言葉遣いはまるで小説の一節を読んでいるよう。実はこの感想が本作の大きなテーマにすらなっているので、とっても面白いです。大杉漣はいつもの大杉漣でしたが、二階堂ふみが抜群。一歩も違えればクッサい演技になりそうなところを良い塩梅で、しかもかなりエッチに演じています。二階堂ふみでしかありえない役です。大杉漣と二階堂ふみの恋まがいが描かれますが、こういったロリータ精神なんかもとても日本らしい。淡い純文学のような素敵な映画でした。
監督は石井岳龍で、なるほどなあとなりました。ギラギラだった石井聰亙時代を経て、現在の作家性に至る自身と重なる部分もあるのではと想像します。
Kie_Kobayashiの感想・評価
途中で寝た
karashimaの感想・評価
(๑•̀ㅂ•́)و✧
ciatrをフォロー: