痴漢ドワーフ

痴漢ドワーフ

作品情報

原題 the sinlul dwarf
製作年 1972年
日本劇場公開日 1974年2月2日
製作国 デンマーク・アメリカ
上映時間 92分

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
カルト映画とのことだったの少し期待して観たのですがやや肩すかし。変な映画だからってB級映画好きが喜ぶと思うなよ!背の低い男が親子でオーナーを務めるアパートの一室に女を監禁、薬漬けにし売春宿を営んでいるという巨悪のオンパレード。男は主人公夫婦の営みを除いたりして、美人奥さんに狙いを定めて薬漬け…というなんともひどい映画です。時々挿入されるテンションの高いロックミュージックなんかはアルジェントからの流れなのでしょうけど、全編独特のカチカチというおもちゃが鳴らす金属がぶつかる乾いた音がすごく印象的でした。これらの音、さらに背の低い男とその母がかなりおかしいにも関わらず雰囲気がコメディっぽくなく、皆真面目なのですごく違和感があります。この辺がカルト映画と呼ばれる所以なのでしょうか。
Keimiyazatoの感想・評価
今では電車等で行われる行為を痴漢と呼びますが この映画のミゼット主人公の行う行為は若い女性を言葉巧みに母親と営むアパートへ連れ込み杖でぶん殴り屋根裏部屋へ監禁、薬漬けにして売春させるというものです、アパートを借りる新婚さん 壁には穴が開けてあり痴漢ドワーフが覗きます、奥さんが異様な雰囲気に気付きアパートを散策すると やはり捕まり薬漬けにされます、ミゼット役者は不気味な感じですが他の役者がセリフ棒読み芝居、カルト映画として有名?ですが こんなの観たよ!って程度でした。
ciatrをフォロー: