ピエロがお前を嘲笑う

ピエロがお前を嘲笑う

作品情報

原題 WHO AM I - KEIN SYSTEM IST SICHER
製作年 2014年
日本劇場公開日 2015年9月12日
製作国 ドイツ
上映時間 106分

あらすじ

警察に出頭した天才ハッカー・ベンヤミン(トム・シリング)。世間を騒がせ殺人事件にまで関与を疑われ国際指名手配をされた。そのベンヤミンが自ら語りだした―― 学校では苛められ冴えないベンヤミン。ピザ屋のバイトでも馬鹿にされ、想いを寄せているマリ(ハンナー・ヘルツシュプルンク)にもまともにアプローチもできない。そのマリのために試験問題をハッキングして手にいれようとしたベンヤミンだったが捕まってしまう。前歴がなかったため社会奉仕活動を命じられ、そこで野心家のマックス(エリアス・ムバレク)と知り合う。2人にはハッキングという共通の趣味が合った。マックスはベンヤミンの天才的な才能を見抜き、マックスの友人たちを交えて、破壊活動を行うハッカー集団“CLAY(クレイ)”を結成する。国内の管理システムを手当たり次第ハッキングを仕掛け、世間を混乱させ注目を集める。そしてクレイはライバルハッカー集団を挑発し、ついにはその正体を暴いてみせる。さらにドイツ連邦情報局へもハッキングを仕掛け、有頂天になっていたベンヤミンたちだったが、ベンヤミンの仕掛けた不用意なハッキングがきっかけで殺人事件が発生してしまう。ついにユーロポール(欧州刑事警察機構)の捜査が入り、ベンヤミンたち自身が危険にさらされることになり、自ら出頭することにしたのだった。 しかしベンヤミンの自供はつじつまが合わない。翻弄される捜査官たち。果たしてどこまでが真実なのか。彼の真の目的とは――。

新着感想・ネタバレ

kobaの感想・評価
本当に凄い
最後まで観てほしい作品
Tomo_Hayakawaの感想・評価
2016.12.30
southpumpkinの感想・評価
天才ハッカーの青年が逮捕。彼は自分の犯罪歴をポツポツと語り出します。映画を観ている人ほど騙される、との触れ込みで意気揚々と鑑賞しました。騙されたら星4、騙されなかったら星3にしようと思っていましたらこのような評価になりました。
ずるいです。シチュエーションが完全に『ユージュアル・サスペクツ』だったり、よく観りゃ『ファイトクラブ』だったり、その辺りのいわゆるどんでん返し系がごった煮のようになっています。ちょっと前の映画『キャビン』のどんでん返し版のような映画です。結局あのど定番オチに終わるのかと思いきやそうではない。非常に巧妙にできている。どんでん返し映画の旧作を観ると目の肥えた方なら一発で読めてしまうことも多いはずですが、この展開を読むのは不可能に近いでしょう。しかも後付けではなく気持ちの良いオチになっているので鑑賞後のすっきり感は強い。マインドファックムービーを自称するだけのことはあります。あらかたどんでん返し映画を観てしまった方に強くオススメ。
他の方も書いていますが、僕もハッキングの様子を列車内に見立てた空想のシーンはかなり好きです。ビジュアルもスタイリッシュ(狙いすぎてダサいレベル)でかっこいい。
ciatrをフォロー: