ハーモニー (2015)

ハーモニー (2015)

作品情報

製作年 2015年
日本劇場公開日 2015年11月13日
製作国 日本
上映時間 120分

あらすじ

世界規模で混乱に陥った『大災禍』の後、反動により極端なまでに健康と調和を求める超高度医療社会に移り変わっていった。そんな偽りの世界に反発した御冷ミァハは、彼女のカリスマ性に魅せられた二人の少女とともに、抵抗を示すために自殺。13年後、ミァハと自殺を図ったものの生き残った霧慧トァンは、戦場の最前線で平和維持活動をしていた。そんなある日数千人もの犠牲者を出す事件が起き、世界に激震が走る。犯行グループの声明の中に死んだはずの御冷ミァハの面影を見たトァンは、真相を探るべく立ち上がる。

新着感想・ネタバレ

kanimityの感想・評価
映像はとても綺麗
テーマが重くて中身も難しく小説を読んでるみたいで活字苦手なので、苦手だった
EGOISTの歌はよかった
残りの2つもこんな感じかな
inazumababyの感想・評価
思ってた以上に重くて暗かった。
しかし結論から言えば満足。
手描きとCGの両方で描かれていて、近未来感とかCGだからこそ描けるシーンやキャラの表情や動きはあると思う。しかし明らかに最初の酒を配るシーンはすごくチープだったし、もうちょい手描きのシーンが多くても良かったのでは?何ヶ所かはその方が自然な気がする…
なんとなくCGは楽園追放に似てる気がした。(あれは全編フルCG)
色使いは『屍者の帝国』よりも明るく、ピンクと白で出来上がった未来都市はとても良かったし、全体的に映像美もあった。
ただ、harmonyという一見明るそうなタイトルではあるけれど、個人的には屍者の帝国よりも重く感じた。屍者ではなく、生者たちが死んでいったからだろうと思う。

人々の健康が機械に管理され、病気や死すらもなくなり、人が人を思いやるいじめのない社会が出来上がる。そんな社会に疑問を抱いた少女たちの話。
普通に考えたら、そんな世界は理想で素晴らしいものなのでは?と思ってしまいそうだが、これでは違う。
普通の人間たちが気持ち悪く見えるのだ。かといって死に向かいすぎるのも違う。
この社会では超級の不良的生き方をしている主人公が1番人間的というのが面白い。
この作品ではもちろん声優の演技は皆素晴らしいのだが、僕が1番好きなのは言葉のチョイス。優しさに殺される 、とか 私の心が幸福を拒絶した 、とか。普通の生活じゃ言わないし、は?ってな...
anna_kanekoの感想・評価
すべての選択が自明となる世界がスタンダードになるなら私たちの意味や理由を求めたがる志向は野蛮なものなのかもしれない。それは悲しいことのように感じられるが自明の世界が人々から意識を無くした状態と説明されている以上恐らく悲しみも合理的判断によって選択された時のみの機能となるのだろう。
それを望む人間と望まない人間の「最後の意識」の物語。
なぜ望まない人間は意識ある社会を持続させたいのか?
高度に発達した医療科学により私を私たらしめるものが皮肉にも消失した社会下でもなお、意識は自分のものでありたかったからではないか。人間の在り方について普遍的な正解なんてないことを突きつけられる良作。

ってこれ小説の感想やーーー。
映画は、小説に描写されている世界を上手に表現してたと思う。
冒頭のひまわりのシーンでは、鳥肌がたった。
キアンの自害のシーンにうっとりとした。
けど!
CGにおける不気味の谷問題は根深かったよ。。。。。。
ciatrをフォロー: