先生と迷い猫

先生と迷い猫

作品情報

製作年 2015年
日本劇場公開日 2015年10月10日
製作国 日本
上映時間 107分

新着感想・ネタバレ

s_p_n_minacoの感想・評価
猫映画というより、枯れたおじいちゃん映画だった。ずっとそこにあると思っていたものがなくなって、迷子になってしまった校長先生の探しもの。気ままにぶらつくノラ猫と石頭の先生が対比され、不器用に取り残された者の喪失感が最後にドッと押し寄せる。侘び寂び哀感が滲むイッセー尾形の独り芝居を観ているよう。いっそ舞台向きという感じで、ストイックに猫と校長先生だけでいいかも。ぬるい人情劇みたいなの要らないし、逆に猫虐待事件が妙に思わせぶりで後味悪かった。経験上マタタビ置けば一網打尽なんだけどなー、と思うけどそれじゃ話にならないか。
inazumababyの感想・評価
堅物な先生と野良猫の話
猫ちゃんに癒されるだけの映画かと思いきや、なかなか深くて面白かった。
部屋の描写が柱や麩と麩の間から人を撮るようにしていて、自然と画面が狭くなる。そのあと、外に映ると画面が広がり猫が映し出される。この時、猫がとても気持ちよくゆったりと歩いてるように観えた。
途中から猫の登場がなくなると流れが変わり、また楽しめた。
wakamewattsの感想・評価
現役をとうに引退した元校長先生。ぶっきらぼうで愛想が悪く、不器用で訪れる友達もいない。いつまでも校長先生が抜けないのだ。猫好きの妻には先立たれた。最近迷い猫が勝手に入ってきて、先生を悩ませた。先生は猫が嫌いだった。ある日、猫の進入路を塞いでしまい猫が入り込まなくした。それ以来その猫が街から消えた。その同じ猫を可愛がっていた街の人が複数いたため、みんなで探すことになった。校長先生にご近所の暖かい友達ができたのだ。(#15-132)
ciatrをフォロー: