ヴィジット

ヴィジット

作品情報

原題 The Visit
製作年 2015年
日本劇場公開日 2015年10月23日
製作国 アメリカ
上映時間 94分

あらすじ

休暇を利用して祖父母の待つペンシルバニア州メイソンビルへと出発した姉弟。都会の喧騒から離れて、田舎での楽しい1週間を過ごす予定だった―その時までは。優しい祖父と、料理上手な祖母に温かく迎え入れられ、母親の実家へと到着した2人。しかし出会えた喜びも束の間、就寝時、完璧な時間を過ごすためと、奇妙な「3つの約束:第一の約束 楽しい時間を過ごすこと/第二の約束 好きなものは遠慮なく食べること/第三の約束 夜9時半以降は部屋から絶対に出ないこと」が伝えられる。夜9時半を過ぎ、異様な気配で目が覚める2人。部屋の外から聞こえるただ事ではない物音に恐怖を覚えた彼らは、絶対に開けてはいけないと言われた部屋のドアを開けてしまう。そこで2人が目にしたものとは――?

新着感想・ネタバレ

shortpeacehorseの感想・評価
サインに続いてシャマラン作品。
やったら面白そうだなとふと思い立った内容を色々やってみたよって感じの映画。
ある意味幻想的とも言えるような雰囲気をクライマックスまで纏ったまま物語は進むのだが、ネタバラシの所で一気に現実へ。

コレが現実だ、と言うのも少しはばかられるような気もする。複数人でディスカッションをしていて、極限まで盛り上がる直前で一人が暴力的な正論で場を片してしまったかのような…理解は出来るが納得はしたくないような…そんな締めくくられ方。

ネタバレは絶対にしてはいけないタイプの映画だと思うのでこんなフワフワした比喩をもって表現させていただきました、申し訳ありません。

今思い返すといささか卑怯な手法でパラノーマルアクティビティ的な怖がらせ方をしてきたが、観ている間はハラハラドキドキ楽しめる。夜にトイレに行きたくなくなるような映画、こういうの最近は久しく味わってなかったなー。
mamomamo31の感想・評価
祖父母やばすぎ。
Yuzukappaの感想・評価
面白かった!!
途中までの微妙な塩梅のミスリードすごいなぁ、、ベッカの撮った映画だとわかっている分、ジジババは芝居をしてくれてるんじゃないかと思っていた、途中までの奇行には不合いがあったけどママを呼び出すのはドッキリの種明かしになると、思っていた!!がーーー!!ですね!!
結局そう思わせるに絶妙のシーンとアクションだったんだなー、わざとチープな少女が考えつきそうなホラーだったんだなー、策士だわ、絶妙だったわ!!
そしてPOVものをよく料理したなというのがやはりすごい。そこにカメラがある必然性というこのジャンル映画の根幹に関わる問題を、ベッカの映画を撮る動機とこれ自体が編集済みの映画という設定でかなり綺麗にクリアしたと思う。途中までベッカが作ったフィクションとして見ていたからカメラを元に戻したりというくだりも別に違和感なかった。最後裏切られはするが、終わったら終わったでそのポイント自体は過ぎたことで気にならなかった。
そして最後のママが好きな音楽ーのくだりですよねぇ。そこからこの作品を通してベッカの成長と気持ちを読み取れるのも見事。
単なるモキュメンタリーではない、ベッカが介在することによって映画そのものが主人公を語っている、、まぁよくできています。

宇多丸さんのラジオ聞いてなければ出会えなかったからよかったが、最後にラップがはいることは知っていて、なんっにも知らないで見たらまた全然ちがっていたんだろうな。
ciatrをフォロー: