ヴィジットの感想・評価・ネタバレ

3.3
71
28

The Visit 2015年10月23日公開 アメリカ

ciatrをフォロー:

感想・評価・ネタバレ

shortpeacehorseの感想・評価
サインに続いてシャマラン作品。
やったら面白そうだなとふと思い立った内容を色々やってみたよって感じの映画。
ある意味幻想的とも言えるような雰囲気をクライマックスまで纏ったまま物語は進むのだが、ネタバラシの所で一気に現実へ。

コレが現実だ、と言うのも少しはばかられるような気もする。複数人でディスカッションをしていて、極限まで盛り上がる直前で一人が暴力的な正論で場を片してしまったかのような…理解は出来るが納得はしたくないような…そんな締めくくられ方。

ネタバレは絶対にしてはいけないタイプの映画だと思うのでこんなフワフワした比喩をもって表現させていただきました、申し訳ありません。

今思い返すといささか卑怯な手法でパラノーマルアクティビティ的な怖がらせ方をしてきたが、観ている間はハラハラドキドキ楽しめる。夜にトイレに行きたくなくなるような映画、こういうの最近は久しく味わってなかったなー。
mamomamo31の感想・評価
祖父母やばすぎ。
Yuzukappaの感想・評価
面白かった!!
途中までの微妙な塩梅のミスリードすごいなぁ、、ベッカの撮った映画だとわかっている分、ジジババは芝居をしてくれてるんじゃないかと思っていた、途中までの奇行には不合いがあったけどママを呼び出すのはドッキリの種明かしになると、思っていた!!がーーー!!ですね!!
結局そう思わせるに絶妙のシーンとアクションだったんだなー、わざとチープな少女が考えつきそうなホラーだったんだなー、策士だわ、絶妙だったわ!!
そしてPOVものをよく料理したなというのがやはりすごい。そこにカメラがある必然性というこのジャンル映画の根幹に関わる問題を、ベッカの映画を撮る動機とこれ自体が編集済みの映画という設定でかなり綺麗にクリアしたと思う。途中までベッカが作ったフィクションとして見ていたからカメラを元に戻したりというくだりも別に違和感なかった。最後裏切られはするが、終わったら終わったでそのポイント自体は過ぎたことで気にならなかった。
そして最後のママが好きな音楽ーのくだりですよねぇ。そこからこの作品を通してベッカの成長と気持ちを読み取れるのも見事。
単なるモキュメンタリーではない、ベッカが介在することによって映画そのものが主人公を語っている、、まぁよくできています。

宇多丸さんのラジオ聞いてなければ出会えなかったからよかったが、最後にラップがはいることは知っていて、なんっにも知らないで見たらまた全然ちがっていたんだろうな。
Yukina_Aokiの感想・評価
なんとなく結末は想像できたが、途中のおばあちゃんめちゃめちゃ怖くてビビリまくってた。アメリカで観た映画。
cla_staの感想・評価
オチを知ってしまえば普通の作品。ただそれをラストに一気に持ってくるからついついだまされてしまう系だと思う。
mayakiの感想・評価
こわい、こういうのこわい。でも面白い。
ホラーというよりサスペンスなような。

ヴィジットって何かと思ったらvisitだったんですね。

何を書いてもネタバレになりそうなので観た人とわちゃわちゃ言い合いたい。そんな風に思う映画でした。
potunenの感想・評価
映画としてすごく良くできてるな、というのと同時に、倫理的にどうなの?という疑問が拭いきれない感じ。主人公たちのトラウマの回復というテーマに対して、その辺ちょっと配慮が足りなく思えて、興醒めして残念。
nonadebuの感想・評価
ホラー映画の意図せずコメディになってしまった感じではなくおもしろい部分は普通ににおもしろく気持ち悪い部分は本気で気持ち悪い最高な映画
Ken_Changの感想・評価
中学の時にお婆ちゃんを亡くしました

お見舞いに行った時、口を開けて天井を見つめ、横目で「オマエハダレダ」と言わんばかりに睨めつけるソレは私が知る優しい優しいお婆ちゃんではありませんでした

そんなよく知った存在が遂げる、得体の知れないモノへの変貌、というところの恐怖をゾクゾクと背中で感じさせる序盤は見事です

さらに祖父母が見せるふとした日常の違和感(単純な無視、お菓子ばかりを作る、夜中に嘔吐しながら徘徊など)が、徐々に不穏な空気を充満させる感じも、床下の追跡劇も、まさにシャマランがシャマランファンのために演出し、私達はヨダレ垂らして万歳三唱してればいいのであります

しかしながら、終盤のクソっぷりは腕が落ちたとしかいいようがありません

POVに媚びたところも、活かしきれてないところもほんと残念で仕方ありませんが、演出もババアがシャーッ!なんつって画面全体に出てくるところなんか、今更それかよと

ブラクラかよと笑

シャマラン先生の持ち味はそれじゃないだろと

前にも書きましたが、恐怖の対象が判然としてしまった後の尻すぼみ感といったらないんですよ、ホラーって

ただの人間の怖さというところは評価できるんですが、ジャケでハードル上げてるもんだから、ネタバレしてうわー…(´・ω・`;)て

そんなね、中盤でこんな鈍感な私ですら読んでたわ!!シャマラン超えてもうたわ!!

まあ、そんな感じ
buchoshi_の感想・評価
「3つのお約束」とか銘打ってる割には3つ目しか出てこなく、しかも軽く破られてて重要性が感じられない。お約束で縛る映画だったらもうちょっと引っ張ってから破って欲しかった。
更に地下室への出入りがタブー化されてて如何にも何かが隠されてるにも関わらずほんのちょっとの描写しかない。もう少し描き込んで欲しかった。
ラストに近づくにつれてストーリーは緊迫感を増すわけだけど、次第に登場人物の不可解な行動に御都合主義な感じがありイライラを覚える。
途中までは良かっただけに、ラストが焦りすぎて微妙な出来だったけど、コメディ要素もあって笑わせてくれたからホラー苦手な人でもとっつきやすいのかなって思った映画。
YU66の感想・評価
霊的な怖さより、異常な人間の怖さの方がゾクゾクする方にはお勧め。
大きくゾクッと2回しました。
個人的にはもっと恐ろしくシリアスにして欲しかったです!
Kyohei_Fukubaの感想・評価
めちゃめちゃ怖い割に笑えるし最後はめでたしめでたしだし後味がいい
Tダイアモンドのラップは最高ですね
ファニーゲームっぽさもある
個人的には駅員さんが大好きです出番が短すぎます
himitsudanの感想・評価
シャラマンと言われれば観るしかない。
予告編の先入観があったけど、想像と違って面白かった。私は最後の音楽が流れるシーンが好きかな〜!
skr_icjの感想・評価
「3つのお約束」の予告で印象的だったけど、お約束は出てきません。 1週間おじいちゃんおばあちゃん家で過ごすんだけど、夜になるとおかしくなるふたり。いつものように曖昧なまま終わるかと思いきや、予想外の方向に。ホラー要素あり、ちょっと笑えてしまうシーンありで面白かった。結構びくびくしてしまったので、私は映画館で見なくて良かったかも。
Manamaiの感想・評価
M・ナイトシャマラン

オリビアデジョンジ
ディアナデュナガン
キャスリンハーン
ピーターマクロビー
ベンジャミンガンズ
igagurichanの感想・評価
うわぁぁー。これも想像していたストーリーと全然違った。
なんだ?サイコスリラージュブナイル?まさかのPOVだし色々驚いた。

いやいや、今それやるタイミングじゃないよ姉!両親の顔くらい確認するよね母!など思う所はあるが、3人のトラウマ克服、精神的成長物語と言っても良い、ハラハラスカッとするストーリー。
Tダイヤモンドのラップエンドが最高に良かった!
途中で、やっぱりアレの仕業なの?アレが来ちゃうの?シャマラン!とハラハラしたけれど、違った(笑)
やっぱりシャマランの映画は好き。
tophelosの感想・評価
シャマラン監督久々の原点回帰と宣伝されている本作ではあるが、結論から言えばその宣伝が諸刃の剣になっているかもしれない。「大オチ」を期待して観ると物足りなさを感じてしまうのだが、決して駄作という訳ではなく、ホラーとして、そしてコメディとしても非常にうまく構成された良作で十分に楽しめる作品である。お化け屋敷的な脅かしも必要最小限で、むしろコメディ要素の方が多く、この手の映画が苦手な人にもお勧めできる比較的ソフトタッチな仕上がりである(そこに物足りなさも感じる層もいるだろうが)。いまや使い古された感さえあるPOVであるが、見せたいものと見せたくないもをうまくコントロールできるメリットを取った結果だろう。
s_p_n_minacoの感想・評価
シャマラン映画は『サイン』でメルギブが一歩引き返すのとか、『ヴィレッジ』でエイドリアン・ブロディがふらっと出てくるのが見切れるとか、「何それ」って覗き見するような1カットが意味不明で一番面白い要素だったんだが、今作は殆どその要素で出来てる感じ。つまりシャマラン映画のヘンな部分だけ詰め合わせたようで、面白かった。POVであることや、弟ラップや1シーンだけの脇役など「別になくてもいい」し、逆にいちいち気になって邪魔になる訳だが、そこが愉快なの。お姉ちゃんの映画作りの拘り、弟の気が小さいんだか大きいんだか幼いんだか大人びてるんだか微妙なカッコつけ。そんな姉妹がトラウマを克服するイニシエーション(祝福の雨!)もわかりやすく、真っ当なジュブナイル映画になってる。ヘンゼルとグレーテルみたいだし、『コララインとボタンの魔女』にちょっと似てるかも。
あと、毎晩イイところで映像が終わるので続きが気になるし、老人で肉親だけにツッコミたくても遠慮しちゃうってのが巧かった。田舎のジジババって子供には妙な存在だよね。やたら食べ物はくれるんだよね。ただ年寄り目線だといささかキツいネタかもしれない…。
heshinseiyaの感想・評価
基本的にホラーはスルーなんですが、シャマランなので鑑賞…結果、予告を観た時から「あなたは既にダマされている」てシャマランが言ってますが、本当にしっかり騙されてて得意のどんでん返しがあるんですが、ありきたり…シックス・センス程のインパクトは無くて、作品も観てて何度も笑ってしまって、、、期待し過ぎたのもあって評価は星2つですが男の子が凄く良くて最後まで彼に笑わせてもらいました…よって彼に敬意を評して星3つにします。
nanaco7ksの感想・評価
ホラー苦手なので、ビビりながら観賞だなと思っていたのに、あらら。笑った(笑) 

ツッコミどころ沢山あるし、シャマランやるなぁ
junTD00の感想・評価
笑える!ビックリするのが苦手な人は構えといたほうが心の平穏が保てそう
ryoc_teaの感想・評価
久々の映画館でした
iamAmyの感想・評価
ホラーサスペンスだった!pov形式。
怖かった!!!!色んな意味で!!!
あんなん実際にあったら震える!
でもやっぱこの監督面白い(笑)
Ayano_Jinnouchiの感想・評価
これを見てからわたしの中でホラーコメディという新しいジャンルが確立しました。
エスター的な怖さはあるものの、声を出して笑っちゃうシーンが幾つもあって不謹慎だけどすごく可笑しいです。友達と見て笑いを共有するのがおすすめです。
nagahima5050の感想・評価
2015.10.30.新宿TOHO

主人公姉弟の今時さと純粋さと繊細さ幼さが絶妙にブレンドされたキャラクターと絆が美しい
社会や他人と繋がれない主人公の映画と違い、幸せな気持ちで映画館を出られる
ホラー映画なのに

ゾンビ映画や自主制作映画にある撮影現場楽しそうだな感と自由さと作り手の情熱が感じられて楽しい
特にエンドロールは大爆笑
ホラー映画なのに

恐怖とシモネタのかけ合わせサイコーです
Takatoshi_Genの感想・評価
最高のコメディ!
こんな映画に出会えてヤッツィーーーー!
半ケツ、暗闇さん、灰黒熊。からの菌!
クッキー粉吹くこんなババアにアカデミー賞を与えたい。
flowermurmurの感想・評価
怖い、うん、確かに怖いんだけど精神的に来るのじゃなくて「わっ!」って驚かされるやつだし、しかもやられるってわかるから、そこだけスクリーンから目線外しておけばわたしでも観られる映画です。時々笑いも起きたし。怖さで言えば『シックスセンス』の方がよっぽど怖い。
southpumpkinの感想・評価
シャマラン復活という、シャマランに怒られそうな広告をしていましたがまさに復活と言えるでしょう。『シックスセンス』以降ちょっと体調悪くて休んでたことにしませんか?
田舎の祖父母の家に一週間預けられることになった仲良し姉弟が祖父母の異変に気づいていく、というお話。ちょっとズルめなホラー演出もあり、あまり退屈せず鑑賞できました。オチで多くを語らない演出は良かったですね。脚本の面白さもあり、及第点は十分確保できていると言えます。しかし本作が『シックスセンス』に届かない理由としてはpov手法の失敗にあるでしょう。『rec』などはpovホラーのお手本のような完璧な映画でしたが、そのクオリティには及んでいないように感じます。姉弟が映画を撮る、という弱めの目標に対してパニック状態において果たしてその目標を完遂させる意味があるようには思えません。さらにどうしてこのタイミングでカメラが回っているのか不明なポイントも幾つか。povが全く効いていないというわけではなく効果的な点もあるのですが、本当にpov手法がこの映画においてベストだったかどうかは疑問です。弟が即興ラップできる、というのはなかなか面白かったんですけど、これまたこの映画でそれを推す必要があったかも不明です。
減点がなかったものの目立った加点もないホラー映画だったと思います。しかしシャマランにこんな映画を撮るパワーが残っていたことには喜ばざるを得ません。次回作はもっと低予算にすればいいんじゃないでしょうか。
mongorichopの感想・評価
うんこ映画

クソandクソ

面白いですが、非常にウンチなシーンがあります。子供達の成長もクソにまみれるウンコ映画

ドキドキして楽しめたけど、うんこ映画として確固たる地位を築いて欲しい

今の日本も同じような問題を抱えていて、嫌だなあと思いつつ、自分も例外ではない事を考えて、うんこする

(退会ユーザ)の感想・評価
2015.11.1 TOHOシネマズみゆき座
超変な映画だけど超面白かった。
弟君のフリースタイル素晴らしい。
ワンダイレクションをボーイズグループと翻訳するあたりに訳者の配慮を見た。