カプチーノはお熱いうちに

カプチーノはお熱いうちに

作品情報

原題 Allacciate le cinture
製作年 2014年
製作国 イタリア
上映時間 112分

新着感想・ネタバレ

Karin_Yokoyamaの感想・評価
カプチーノはお熱いうちに、いのちはお熱いうちに。いのちが熱いうちってピンとこないけど、たくさんの人に愛されて今を生きるってことなのかなー。
そしてこの映画ではエレナを主人公にして彼女の人生を追ったけど、誰が主人公でも同じようなことが伝わってくると思う。
ストーリーの順番をちょっと変えるだけで、種類が全然違う映画になった。ハッピーエンドだったのかな?
Hiromi_Haradaの感想・評価
全くの前知識なしで、おしゃれなイタリア映画目的で鑑賞。最初は普通の恋愛映画かな、と思ったけど途中から主人公の闘病が始まる。でも単純な闘病ストーリーではなくて、それを通して主人公の人生と周りの人間の愛をユーモアも交えて描かれている。ラストのシーンがかわいくて楽しくてつい笑ってしまう。それが余計に運命を切なくさせるんだけど。
エンドロールで「乱気流にご注意ください」という台詞が入る。たぶん、人生の乱気流にご注意ください、ってことだと思う。この先なにが起こるかわからないけど、楽しい瞬間は思いっきり楽しみたい。
whentheycryの感想・評価
カフェで働くエレナはある日親友シルヴィアの彼氏、アントニオと恋に落ちる。
月日は流れ数年後、エレナはゲイの親友ファビオとカフェをオープンし成功。アントニオとは家庭を築いていた。そんなある日、叔母に誘われて受けたガン検診で思いもよらない診断を下される。


最初に言うとこの映画はきゃっきゃうふふなラブストーリーでもなければ、彼女の闘病生活を苦しい気持ちで応援する映画でもありません。
原題は「シートベルトをお締めください」意味は人生はいつ何が起こるかわからないから備えておこうね!という意味らしいです。
エレナの周りには素晴らしい人たちが集まってます、優しいお母さんに問題児だけど面白い叔母、ユーモアたっぷりで楽しませてくれるゲイの親友のファビオ、我儘だけど良い親友のシルヴィア、そして情熱的な愛に落ちたアントニオと愛する我が子2人。他にもまだ素晴らしいキャラクターが出てきます。
人生って何が起こるかわからないけど、気付けば周りに愛と笑いが溢れている。エレナだけじゃなく、アントニオやファビオ、お母さん叔母さんたちも常にシートベルトを締めて生きていかなきゃ後悔する。そう感じました。
あの誰でも笑顔になれちゃうラストは凄くすごーく好きで今年公開された映画の中でもトップで好きな映画です。

人生の妙な巡り合わせをこんな素晴らしく描いてくれてる映画は他にはありません。
ciatrをフォロー: