一条さゆり 濡れた欲情

一条さゆり 濡れた欲情

作品情報

製作年 1972年
日本劇場公開日 1972年10月7日
製作国 日本
上映時間 69分

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
神代辰巳最初期の作でありながらロマンポルノ最初期の作。一条さゆりという実在の伝説的ストリッパーの自伝映画で、本人役で一条さゆりが出演します。実際のストリッパーがストリップするのだから、それはそれは臨場感溢れる脱ぎっぷり。ろうそく熱そうだ。
ですが、一番画面に映っているのは一条さゆりではないのです。実は主人公は一条さゆりに執着する若いストリッパー。彼女とその取り巻きの男たちが映画の半分以上映っています。一条さゆりの内面はほとんど描かれない。連想したのは『桐島、部活やめるってよ』です。桐島、もしくは一条さゆりを中心とした人間関係。『桐島、』ほどそれは特徴めいていませんが、映画としてのメッセージはもしかしたらあれに近いのかも。この解釈が個人的には一番しっくりくるのですが、ここに至らなければよくわからない映画です。実は解釈にも確証を得ていないので、ややクエスチョンマークを浮かべながら星を3にします。最初期にして不思議で難解なロマンポルノでした。こういうよくわからなさも楽しめるようになりたい。
ciatrをフォロー: