黄金のアデーレ 名画の帰還

黄金のアデーレ 名画の帰還

作品情報

原題 Woman in gold
製作年 2015年
日本劇場公開日 2015年11月27日
製作国 アメリカ イギリス
上映時間 109分

あらすじ

20世紀が終わる頃、ある裁判のニュースが世界を仰天させた。アメリカに暮らすマリア・アルトマン(82歳)が、オーストリア政府を訴えたのだ。 “オーストリアのモナリザ”と称えられ、国の美術館に飾られてきたクリムトの名画〈黄金のアデーレ〉を、「私に返してほしい」という驚きの要求だった。伯母・アデーレの肖像画は、第二次世界大戦中、ナチスに略奪されたもので、正当な持ち主である自分のもとに返して欲しいというのが、彼女の主張だった。共に立ち上がったのは、駆け出し弁護士のランディ。対するオーストリア政府は、真っ向から反論。 大切なものすべてを奪われ、祖国を捨てたマリアが、クリムトの名画よりも本当に取り戻したかったものとは──?

新着感想・ネタバレ

Takezou_lifeの感想・評価
2016/09/26
Sensyu_Kishimotoの感想・評価
@柏キネマ旬報シアター
ただ名画を取り戻したということだけではなくて、平穏に過ごしていた家族の思い出や、一族や故郷への想いを取り戻したのだ。
戦争、民族宗教差別、移民などヨーロッパの歴史をもっと知るべきだと思った。
karinchorinの感想・評価
構成が何とも観やすくて、飽きずに見終えることができた!フィクションなのも現実感があって、はたまたどきどき、はたまた感動させられる。最近の映画で1番観やすくて、内容も濃かった!
ciatrをフォロー: