A Film About Coffee ア・フィルム・アバウト・コーヒー

A Film About Coffee ア・フィルム・アバウト・コーヒー

作品情報

原題 A Film About Coffee
製作年 2014年
日本劇場公開日 2015年12月12日
製作国 アメリカ
上映時間 66分

あらすじ

アメリカ・ポートランドに拠点を置く「スタンプタウン・コーヒー・ロースターズ」生豆バイヤーのダリン・ダニエルは、コーヒーの生産国、ルワンダの生産者たちと直接取引(ダイレクトトレード)を行っている。現地に何度も足を運び、生産工程や精製の方法を生産者たちと確認し共有しながら、年に何千回とカッピングというテイスティング作業を重ねる日々。より良いコーヒー豆を、より良い品質で届けることを追求しているのだ。日本進出が話題になった「ブルーボトルコーヒー」創始者のジェームス・フリーマンは、自らのコーヒーの原体験とサイフォン・バーへの熱い思い、そして、日本の純喫茶への強い憧憬を語る。その中に登場するのは、2013年に多くのファンから惜しまれつつも閉店した、東京・表参道の『大坊珈琲店』。オーナーである大坊勝次がコーヒー1杯を淹れる一連の研ぎ澄まされた所作は美しく、今はなき名店の佇まいが再びスクリーンに立ち現れるようだ。世界のコーヒーカルチャーを牽引するプロフェッショナルたちの熱き仕事ぶりと哲学を追い、新潮流の中核をなすスペシャルティコーヒーの現場を紐解いていく本作は、ブームにはとどまらない大きなコーヒー・ムーブメントの“今”を鮮やかに浮き彫りにしている。

新着感想・ネタバレ

bluegirl_beerの感想・評価
サードウェーブのなんたるかを理解できた。
生産地の水道インフラまでサポートする心意気に脱帽。
コーヒー始めてみようかな。
____RiN____の感想・評価
珈琲中毒を自称する人間は多いですね、なにかの統計によると(曖昧)日本人はトップクラスに珈琲が好きな国民なんだそうです。戦後、ゴリゴリにアメリカナイズされた時からかしらと思ってみたら、開国当時からそりゃもう流行ってたらしく、もちろん顕著なのは戦後でしょうが。てなわけで珈琲狂、鬱陶しいくらいいます、かく言う私もそうですし、どちらかと言わなくても鬱陶しい部類だと自負しています。
毎朝豆から淹れて飲みますし、喫茶店も大好きで、映画と珈琲はセットだと思っています。映画を観た後には絶対に珈琲が飲みたい。新宿武蔵野館からのDUGは、もはやルーティーンです。
当然、毎月一定額が飛びます。珈琲豆ってピンキリだけど、露骨に値段=味なのはエグいね…やめられないな…。

さて、前置きが長くなりましたが、この映画はそんな珈琲のお話。言わずもがなのノンフイクションです。
珈琲の映画と言えば、2006年公開の「おいしいコーヒーの真実」が記憶に新しいところ。スタバ訴訟で話題になった、フェアトレードに関するゴリゴリの社会派映画でした。
それに対しこちらは、現代のコーヒー・ブームを追う、いたってライトなコマーシャル・ムービー。しかし手間のかかった広告ってそれなりに楽しく面白く気兼ねなく観れて、嫌いじゃないです。
また、とかく珈琲ってのは絵になる飲み物ですね。美男美女じゃなくたって、しわくちゃだっておデブちゃんだって、珈琲の匂...
katie0541の感想・評価
コーヒーめっちゃ飲みたくなーる!
ciatrをフォロー: