ゴア・ゴア・ガールズ

ゴア・ゴア・ガールズ

作品情報

原題 The Gore Gore Girls
製作年 1971年
日本劇場公開日 2012年10月11日
製作国 アメリカ
上映時間 85分

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
HGルイスがゴア描写一辺倒から少し離れて、一般的な評価の最も高い『血の魔術師』付近で公開されたのが本作。それはもう手ぬかりはないのですが、本作にはゴア描写は少なめです。(○○をはさみで○○○溢れ出る○○を飲む、○○の○に○を突っ込む、などの描写はありますが、HGルイス作品群の中ではあえて少なめとしておきます)その分エロが多め。ストリッパーが殺される事件が発生し、美人記者が偏屈な名探偵に捜査の依頼をします。
舞台が基本的にストリップ劇場なので女の子たちが勢いよく脱いでいきます。ラストには犯人をおびき出すためにストリップ大会となるのですが、ここでラストに「私のがすごいわよ!」とばかりに美人記者が舞台へ!とうとう脱ぐのか!と思いきや、全然!全然見せないの!絶対直前で脱ぐか脱がないか問題で揉めて結局脱がなかったんでしょうね。観客ばかり移す舞台からもがっかり感が伝わりました。がっかりしてしまった自分にむちゃくちゃ笑えます。演出も何もからっきしダメなこの映画に熱を入れられるのは、HGルイス御大の力なのでしょう。
ciatrをフォロー: