実録・私設銀座警察

実録・私設銀座警察

作品情報

製作年 1973年
日本劇場公開日 1973年7月4日
製作国 日本
上映時間 94分

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
戦後間もない銀座で芽吹いた暴力団の先駆けとなる「私設銀座警察」なる組織の盛衰を描いた物語。梅宮辰夫が三枚目ながら味のある役者として出演しており、現在のバラエティで活躍する姿は全く想像できません。かっこいい。
本作の見どころは過激なバイオレンス描写、性描写にあります。オープニングからすごい。戦地から戻った男が妻の元に戻ってみると、米兵と行為中。問いただし泣き崩れる妻の傍には肌の色の違う赤ちゃんが。怒り狂った男は赤ちゃんを窓からポイ。赤ちゃんは水たまりにバシャン。追って出てきた妻を男はボコボコに殴る。そこで「実録・私設銀座警察」というタイトルがドーンです。凄まじい映画だ。その後も指を素揚げしたり、金をばら撒きながら遊女と致しまくったりとなかなかひどい。
とはいえいわゆる”やくざもの”というジャンル映画。苦手な人は苦手かと思います。超濃縮・濃厚『アウトレイジ』だと思っていただければ。
ciatrをフォロー: