ダークナイト

ダークナイト

作品情報

原題 The Dark Knight
製作年 2008年
日本劇場公開日 2008年8月9日
製作国 アメリカ
上映時間 152分
ジャンル アクション>ヒーロー>アメコミ

あらすじ

ゴッサム・シティーに、究極の悪が舞い降りた。 ジョーカーと名乗り、犯罪こそが最高のジョークだと不敵に笑うその男は、今日も銀行強盗の一味に紛れ込み、彼らを皆殺しにして、大金を奪った。 この街を守るのは、バットマン。彼はジム・ゴードン警部補と協力して、マフィアのマネー・ロンダリング銀行の摘発に成功する。 それでも、日に日に悪にまみれていく街に、一人の救世主が現れる。新任の地方検事ハービー・デントだ。正義感に溢れるデントはバットマンを支持し、徹底的な犯罪撲滅を誓う。 資金を絶たれて悩むマフィアのボスたちの会合の席に、ジョーカーが現れる。 「オレが、バットマンを殺す」。 条件は、マフィアの全資産の半分。しかし、ジョーカーの真の目的は、金ではなかった。 ムカつく正義とやらを叩き潰し、高潔な人間を堕落させ、世界が破滅していく様を特等席で楽しみたいのだ。 遂に始まった、ジョーカーが仕掛ける生き残りゲーム。 開幕の合図は、警視総監の暗殺だ。正体を明かさなければ市民を殺すとバットマンを脅迫し、デントと検事補レイチェルを次のターゲットに選ぶジョーカー。 しかし、それは彼が用意した悪のフルコースの、ほんの始まりに過ぎなかった……

関連まとめ

新着感想・ネタバレ

Miyu_Kawasujiの感想・評価
アメコミで完全なる勧善懲悪ものから善と悪の揺らぎやせめぎ合いを描いたのはとても画期的だったと思う。
ヒロインが〇〇というのもいや、まさか…まさかね…わお!!って感じで、アメコミという先入観で観たことを悔いさせられた。これ原作もそうなの?
トゥーフェイスが出てきた後からは眼鏡を外して画面をぼやかしながら鑑賞したので、残念ながらあんまり集中して観れていないと思う。残念なチキンハート
ただ、本作はすごくいい作品だと思うけどめちゃめちゃ絶賛されてる理由までは得心がいかなかった。多分、絶賛されている理由は善と悪のゆらぎというテーマで、これは日本では本とかアニメでよく使われる題材で見慣れているため、個人的にあまり革新的に感じなかったからだと思う。でももし違う理由であるなら是非知りたい!
Kenta_Kawamuraの感想・評価
joker演じたヒース、レジャーの遺作。これは彼にしか演じれなかったと思う。
ciatrをフォロー: