ヒトラー暗殺、13分の誤算

ヒトラー暗殺、13分の誤算

作品情報

原題 Elser
製作年 2015年
日本劇場公開日 2015年10月16日
製作国 ドイツ
上映時間 114分

あらすじ

1939年11月8日、ドイツのミュンヘンにあるビアホールで、毎年恒例のミュンヘン一揆記念演説を行っていたアドルフ・ヒトラーは、悪天候のためにいつもより早く切り上げた。その後、ホールに仕掛けられていた時限爆弾が爆発──ヒトラーが退席して13分後のことだった。 8人を死に至らしめた爆破装置は精密かつ確実、計画は緻密かつ大胆。その手口から、独秘密警察ゲシュタポはクーデターや英国諜報部の関与を疑ったが、逮捕されたのは、田舎に暮らす平凡な家具職人、ゲオルク・エルザーと名乗る36歳の男だった。あまりにも信じがたい現実――。大物の黒幕の存在を確信したヒトラーは、決行日までに彼が歩んできた人生のすべてを徹底的に調べるように命じる。 単独犯だというエルザーの主張は本当なのか?誰かをかばっているのか?

新着感想・ネタバレ

okdkstmpの感想・評価
実話ネタと言われる映画を観る度に毎回思う「どこまでが実話なのか」「どこを脚色しているのか」。実話と来るとどうしてもそこが気になってしまい、その線引きが悩ましい。特にこの映画は、誰でも知っているヒトラーに関する話しなのに、言っちゃアレだけど特に有名な軍人でも政治家でもない、一般人が元ネタなので…。いやどうしたものか。全編地味な展開がそれらしいと言えばそれらしい。結局映画としても小さくまとまってしまっている、と言うところか…それでいいのかも知れないけど…
gonbe73の感想・評価
2016/12/07
翻訳者 吉川美奈子
どうなるかわかってるからつらい。あの時代においてこれはおかしいって言うことってすごく難しいはず。
後ろ指を刺されながら考えを曲げないのってすごいな。
ネーベが反体制側に回った理由ってよくわかってないけどゲオルクの取り調べを通して何かを感じたのかなーと思わなくもないけどどうなんだろう。
Ken_Changの感想・評価
私は日々のうのうと生きておるので、映画を観るという機会でもないと勿論こういう方が命を賭して何かを成し遂げようとした事実すら知ることなく老いていくわけです

そういった意味で多少作り手の意図が入ろうとも、知られざる歴史の追体験が出来るというのは非常に貴重で重要なことだろうと思うのです

ありがとう映画、ありがとう作ってくれた人、ありがとう届けてくれた人

私ナチ系の映画観て毎度思うのですが、まあこういった思想に傾倒しているという特殊性があるとしても、ナチスの人って根性ひん曲がりの人格破綻者が多くないですか?映画的にそういうキャラの方が非道ぶりが伝わるのもあるのかな?そういう人がナチスに入ったのか、ナチスに入ったからそうなのか、ほんと、毎度思います

日本にいてこんなに残虐で暴力的な人達の集まりってそうそう見ないので、そこがまた日々のうのうと生きている私の危機感の無さなのかもしれません…
ciatrをフォロー: