天使のはらわた 赤い淫画

天使のはらわた 赤い淫画

作品情報

製作年 1981年
日本劇場公開日 1981年12月25日
製作国 日本
上映時間 67分

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
ビニ本(エロ本のこと…?)を撮らされた女の人が転落していく日活ロマンポルノ。
相変わらずこんなギラギラに尖った演出が日本で撮られていたことに目を疑います。女が男に追われるシーンの疾走感、付き纏われる男の陰湿さなど印象的なシーンが非常に多い。個人的に気に入っているのはビニ本の撮影シーン。これがまさに『グラン・トリノ』なんですよね。「クリント・イーストウッドで見たことある!」というのがロマンポルノでできます。
撮影テクニックの超絶技巧が今まで数本観てきましたが最も顕著でした。『天使のはらわた 赤い教室』が気になります。そのテクニックの全てが向けられたエロシーンがもうそこらのそれよりも大変なことになっています。卵さあ。あの卵さあ
ciatrをフォロー: