母と暮せば

母と暮せば

作品情報

製作年 2015年
日本劇場公開日 2015年12月12日
製作国 日本
上映時間 130分
ジャンル ドラマ・恋愛>ハートウォーミング>ファミリー

あらすじ

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこれなかったんだよ」。 その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。 そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。

新着感想・ネタバレ

EllyMimyの感想・評価
世間ではあまり評価が高くないようですが、
私は結構好きでした。
山田洋次監督の初・ファンタジーとのこと。

長崎の原爆で亡くなった息子が母の前に突然現れ、
母と交流していきます。
まず、原爆の恐ろしさをインク瓶が溶ける様子で描いていたのが本当に背筋が凍るほど凄まじくて…
爆発などを直接描写するのが普通ですが、とにかく恐ろしかった。

ラストはまた賛否がわかれそうですが、
私はあれで良かったと思いました。
shizunaの感想・評価
音と光が繊細に表現された世界で生きる人々がとても強くて美しい。幽霊が見えるというそのファンタジー要素がたまらなく愛おしかった。観る回数を重ねるほど、感動が増していく作品。
toshibakuonの感想・評価
広島の原爆は話題になる事が多いけど長崎はなかなかスポットが当たらないのでこの作品を通して若い世代の人達に戦争の苦しみ悲しみを伝えていく意味では大事な作品。亡くなった息子が霊とし現れるのはちょっと現実的ではないけれど残された母や恋人が辛いながらも生き抜く姿が健気だった。個人的には華ちゃんがニノをずっと想って一人で生きてほしかったけれどそれも酷なのでアレでよかったのかもしれないな。
ciatrをフォロー: