怒り (2016)

怒り (2016)

作品情報

製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年9月17日
製作国 日本
上映時間 142分

あらすじ

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 千葉――3か月前に突然家出をした愛子(宮﨑あおい)が東京で見つかった。彼女は歌舞伎町の風俗店で働いていた。愛子を連れて帰った父・洋平(渡辺 謙)は、千葉の漁港で働く。8年前に妻を亡くしてから、男手一つで娘を育ててきた。 愛子は、2か月前から漁港で働きはじめた田代(松山ケンイチ)に出会った。 東京――大手通信会社に勤める優馬(妻夫木聡)は、日中は仕事に忙殺され、夜はクラブで出会う男と一夜限りの関係を続けていた。彼には末期がんを患う余命わずかな母がいた。ある日、優馬は新宿で直人(綾野 剛)に出会った。 沖縄――また男と問題を起こした母と、夜逃げ同然でこの離島に移り住んできた高校生の泉(広瀬すず)。ある日、無人島でバックパッカーの田中(森山未來)に遭遇した。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 二人の幸せを願う洋平であったが、前歴不詳の田代の過去を信用できず苦悩する。 同居を始め、互いの関係が深くなっていく優馬と直人。しかし直人の日中の不審な行動に優馬は疑いを抱く。 ある事件をきっかけに心を閉ざした泉と彼女を救えなかったことに苦悶する同級生の辰哉。 親身に支える田中であったが、無人島で暮らす彼の素性を誰も知らない。 愛した人は、殺人犯だったのか? それでも、あなたを信じたい。 そう願う私に信じたくない結末が突きつけられる――。

新着感想・ネタバレ

Tsubasa_Kawanoの感想・評価
心がどうしようもなく痛くなった。物凄く泣いた。3場面で進行し、犯人は誰なのかという巧みなストーリーと、愛する人を疑ってしまう心の揺らぎ。宮崎あおいちゃんのあの泣き方は、日本の宝だと思った。
Akihito_Ashibaの感想・評価
ある住宅街で起きた残忍な殺陣事件。犯人は行方不明であり、整形をして逃亡している。舞台は3つに別れ、それぞれの物語が描かれる。その3つの舞台で、素性がわからない男、松山ケンイチ、森山未來、綾野剛が現れるが、それ対し、それぞれ周囲の人間が疑いを持ち始めるという物語。様々な愛と葛藤があり、物語の中核である「怒り」に対して様々な種類の「怒り」が表現されている。信じる事は非常に難しいし、時に悲しみや怒りを伴うものである。
S_Kyawaiの感想・評価
予告を見た感じでは、もっと暴力的な作品をイメージしていたけど、
驚くほど静かで、ジワジワとグツグツと煮込まれるようなフラストレーション。
だからこその時折露になるどうしようもない衝動や慟哭が心に刺さる。
ciatrをフォロー: