独裁者と小さな孫

独裁者と小さな孫

作品情報

原題 The President
製作年 2014年
日本劇場公開日 2015年12月12日
製作国 ジョージア・フランス・イギリス・ドイツ
上映時間 119分

新着感想・ネタバレ

Ken_Changの感想・評価
自業自得としかいいようのない旅路に、オチはどう持ってくるのか、という期待ばかりが膨らみます

やっと訪れるエンディングもそんな工夫された感はないんですが、そうせざるを得んわな、という監督の苦悩は見た気がしました笑

お話も戦時下の混沌とした国をとてもリアルに描いていて終始緊張感があります

荒涼とした大地に落書きされた廃墟、それから鳴り響く銃声やその犠牲になっていく女子供、ドキュメンタリーでも見ているような、またはニュースでやってるような、正にあれ

王の罪、国民の貧困、犠牲となった者たちの不幸、堕ちていく兵達、そして純真無垢な孫、すべての終わりを綺麗さっぱりまとめるなんてこと、出来るわけないんですよね…
Sensyu_Kishimotoの感想・評価
@柏キネマ旬報シアター

負の連鎖を断ち切る。
独裁者を殺しても、また独裁者がでてくるか市民同士が争うか。
憎しみで排除しても、また憎しみが続くだけ。

現実社会をみると、このことがほんの戯言にすぎないと思われるが悲しい。
myaniaの感想・評価
権力もあって何一つ不自由ない生活が一変。
それでも孫を守る祖父。
汚れを知らない孫。いい物語だった。
ciatrをフォロー: