ピンクとグレー

ピンクとグレー

作品情報

製作年 2015年
日本劇場公開日 2016年1月9日
製作国 日本
上映時間 119分

あらすじ

大人気スター俳優・白木蓮吾が、突然、死んだ。 第一発見者は幼い頃からの親友・河田大貴。 蓮吾に何が起きたのか? 動揺する大貴は、数通の遺書を手にする。 遺書に導かれ、蓮吾の短い人生を綴った伝記を発表した大貴は、一躍時の人となり、憧れていたスターの地位を手に入れる。 初めてのキャッチボール、バンドを組んで歌ったこと、幼馴染のサリーをとりあった初恋・・・。いつも一緒で、いつも蓮吾が一歩先を進んでいた―。輝かしい青春の思い出と、蓮吾を失った喪失感にもがきながらも、その死によって与えられた偽りの名声に苦しむ大貴は、次第に自分を見失っていく。 なぜ、蓮吾は死を選んだのか?なにが、誰が、彼を追い詰めたのか? 蓮吾の影を追い続ける大貴がたどり着いた"蓮吾の死の真実"とは―。

新着感想・ネタバレ

Naura_Tanakaの感想・評価
前評判とかほぼ知らずに
しかも途中から
観てしまったのですが
ピンクからグレーへ変わる瞬間は
あのシリアスな場面だったので
驚きました!
菅田将暉さんのリバちゃんが良かった。
リバちゃんの後も良かった。
変な人感すごいでてました。
夏帆さんはイメージとの違いで
どんな演技もできてすごいなあ
と思いつつ脚が綺麗で!

途中からなので
ちゃんと理解できていない
かもしれないですが
ゴッチとリバちゃんの関係性が
もっと濃く感じられた方が
作品の中にもっと
入り込めたかなと思いました。

その人の本当に近づくって難しい。
どんな身近な人でも
内緒のことがあって
全部を知ってる気になってても
知らないことってたくさんあって
内緒があるって知らなければ
気になることもないのに。
そこで自分ではない
100%は近づけない存在なんだって
気づかされて。
気持ちの距離を勝手に感じてしまう。
そこからまた不安定になる。
人間って難しいですね。

だからくっついて
身体的な距離を縮めることで
心の距離が近づいたような気がして
落ち着くのかなとか
どうでもいいところまで
考えちゃいました。

最初からちゃんと観たいです。
Hironori_Hashizumeの感想・評価
ゴッチがどんな人物なのか、結局よく分からんかった。
予告の出来が良かったから、勝手にハードル上げてしまってたな…。
Nana_Ogasawaraの感想・評価
構成面白いし菅田将暉ほんと良い
けど、なんかよくわからなかった
そして中島裕翔の関西弁違和感ありすぎてシリアスなシーンで笑いそうになる
ciatrをフォロー: