キャロル

キャロル

作品情報

原題 Carol
製作年 2015年
日本劇場公開日 2016年2月11日
製作国 アメリカ
上映時間 118分
ジャンル ドラマ・恋愛>恋愛

あらすじ

1952年、ニューヨーク。クリスマスシーズン。ジャーナリストになる夢をひそかに抱くテレーズ(ルーニー・マーラ)は、高級百貨店のおもちゃ売り場でアルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんな彼女の前にある日、娘へのプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。このうえなくエレガントで美しく、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すそのひとに、目を奪われるテレーズ。売り場に皮の手袋を忘れたキャロルのため、テレーズは人形の送り先伝票にあった彼女の住所に手紙を書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、夫は彼女を飾りにしか思っていない事、離婚訴訟の真っ最中で、何より大切な娘の親権を夫に奪われようとしている事を知る。そして、クリスマス休暇。別居中の夫に娘を連れて行かれ、孤独なキャロルは、車での小旅行にテレーズを誘う。キャロルへの想いが、最初は予想もしなかった感情に変わっている事に気づきながら、テレーズは二人だけの旅に出発。しかしこの時、この旅がきっかけで、二人の運命が大きく動きだす事を二人は知らなかった・・・

新着感想・ネタバレ

Keisuke__Aoyagiの感想・評価
純粋で物語の視点の常にブレない強さ、女性の気持ちに入ってはいけない後ろめたさがあった。時代背景の画作り、ルーニー・マーラのモテルックスは切なく良い。
Megu_Komatsuの感想・評価
切なかったです!
女性同士の恋愛で尚且つ既婚者!
ドロドロ描かれるのかと思いきや、美しい純愛模様でした。
最後の微笑みは私も魅入っちゃうくらい美しい。本当にこんな女性と出会ったら虜にされそうです。
sinsi929の感想・評価
1952年のアメリカを舞台に女性同士の切ない純愛を描いたラブストーリー

タイトルロールのキャロルを演じるのはケイト・ブランシェット
演技が上手すぎて、演技というよりキャロルという人間が本当に実在するかのようなリアリティでした
キャロルと恋に落ちるテレーズ役にはルーニー・マーラ
とにかく本作のルーニー・マーラは可愛くて仕方ない

まず、2人が出会う瞬間のシーンがすごく印象的
時間が止まったなんてよく言いますが、正にそれを視覚化していました

2人が一緒にいるシーンでは、周りにいる人は単色系の服装でテレーズとキャロルの衣装だけは明るめの色を使って2人だけの特別な空間があることを上手く表現していた

2人の恋愛模様を美しく切り取っていて、恋愛は性別ではなくお互いの気持ちなんだと教えてくれました

劇中色んな人の愛情が見えて、それは
与える愛に奪う愛
支えあう愛に支配する愛
形を変えない愛に形を変えゆく愛

たくさんの愛によって作られた映画でした
ciatrをフォロー: