トリシュナ Trishna

トリシュナ Trishna

作品情報

原題 Trishna
製作年 2011年
製作国 イギリス
上映時間 114分

新着感想・ネタバレ

Fumihiro_Yamanouchiの感想・評価
金と権力と愛情、長い時間に微妙に変化していくもの。それが、強く、大きければ変化も大きくなるということか。
s_p_n_minacoの感想・評価
『テス』の現代インド版。ナスターシャ・キンスキーの演じた薄幸のヒロインはフリーダ・ピント、これは納得。粗筋は同じでも展開がスピーディで、色々省いたり大胆に置き換えてあった。上流階級の放蕩息子に見初められたトリシュナがボリウッドへ渡るとか、ミュージカルじゃないが歌とダンスが挟まれたり。信仰や不条理ではなく、都市と地方、経済や階級格差の悲劇になってるのがインドらしいけど、ポランスキーの映画と比べるとやや物足りないというか。但し最後が結構えげつなくて、そこはやはりマイケル・ウィンターボトムだった。
ciatrをフォロー: