レヴェナント 蘇えりし者

レヴェナント 蘇えりし者

作品情報

原題 THE REVENANT
製作年 2015年
日本劇場公開日 2016年4月22日
製作国 アメリカ
上映時間 157分
ジャンル スリラー>サスペンス

あらすじ

仲間の裏切りで最愛の息子の命を奪われた男、ヒュー・グラス。 激しい怒りを力に変え、奇跡的に死の淵から蘇える。 復讐の執念のみを武器に、300キロに及ぶ容赦ないサバイルバルの旅が始まる。

新着感想・ネタバレ

Naura_Tanakaの感想・評価
手に汗握るとは正にこの事

切迫したシーンが続いて
迫力が凄い。

熊とのシーンは
どちらにも守るものがある状況で
生きる事について改めて考えさせられ

息遣いや自然の音、音楽も相まって
目が離せなくなりました。

息子への愛情も強く感じ
ラスト自分で手をかけず
神に委ねるという選択も
共感できる終わらせ方で
とても良かったです。

あそこで助かったのは
成り行きで娘を助けたからですが
あの助けるという選択も
彼の人間性で
その選択が自分を救う結果に
繋がったのだろうと思うので
ブリッジャーもそうでしたが
常に自分の行いが
自分の未来を作るということを
肝に銘じてどんな状況でも
生きていかなければなぁと
思わされました。

自分を追い詰めたい時に
観たい映画ですね。
m_saitoの感想・評価
レオちゃま、苦節ウン年、オスカー受賞おめでとう作品。

物語としては非常にシンプルな復讐劇なんだけど、圧倒的映像美と鬼気迫る瞬間を抉り出してる演技力、最小限の台詞の中に込められた魂が、見ていて息苦しくなるほどに伝わってくる作品だった。

あとクマこわい!クマ強すぎこわい!!!!!!!!!!!
sogo_hiroakiの感想・評価
ディカプリオの復活映画とも、言われている映画。

しかし、決して面白い映画ではない。
ディカプリオが出てる映画って、そういうの多い気がする。

歴史を知ったらより、楽しめるのだろう。まだ、インディアンが生存している時代で、白人がアメリカ人が獣をかり、彼らの食糧源や土地を荒らしている。
それは、家族の為にやっている事。

極寒の中、撮影し、過酷な中で生活している人の演技は、リアリティがあり、最高なのだが、トムハーディの役柄がちょっと、納得いかない。もっと何か「生存している」意味の「役の伏線」があると良かったのになぁ。
ciatrをフォロー: