ロブスター

ロブスター

作品情報

原題 The Lobster
製作年 2015年
日本劇場公開日 2016年3月5日
製作国 アイルランド・イギリス・ギリシア・フランス・オランダ・アメリカ
上映時間 118分

あらすじ

“独身者”は、身柄を確保されホテルに送られる。そこで45日以内にパートナーを見つけなければ、自ら選んだ動物に変えられ、森に放たれる。そんな時代、独り身になったデヴィッド(コリン・ファレル)もホテルに送られ、パートナーを探すことになる。しかしそこには狂気の日常が潜んでいた。しばらくするとデヴィッドは“独身者”が暮らす森へと逃げ出す。そこで彼は恋に落ちるが、それは“独身者”たちのルールに反することだった―。

新着感想・ネタバレ

Megu_Komatsuの感想・評価
独り身は強制的にお相手を見つけなければ動物にされるという設定。面白い世界観でした!
それも短期間でパートナーを見つけなければならないって過酷すぎますね。価値観を無理に合わせようとする(主に)男性陣が必死すぎて面白かったです。
ストーリーの中で、主人公は施設から森へ逃げ出すんだけれど、森に不似合いなラクダとか動物が出てくるシーンとかの演出も面白かった。
オチは謎でしたが。
southpumpkinの感想・評価
すべての独身男性は強制的に婚活ホテルに連行され、相手ができなければ動物にされる…。篭った美しい室内音楽の旋律に乗せて、きれいな映像、理路整然とした状況説明によって語られるのは荒唐無稽なストーリー。わかりづらいですが、この映画はシュールコメディです。大いに笑ってあげるべき映画。ギター演奏中のキスのシーンは爆笑必至です。
しかしテーマとしてはかなり深い。前半の婚活ホテルで恋愛を強制されると途端にできなくなります。しかし後半の恋愛を禁止されるコミュニティーではつい恋愛をしたくなってしまう。つまり何物にも縛られることのない恋愛の賛歌なのです。現実社会でも周りの目を気にして自身の結婚を急いたりしますが、そんな恋愛じゃなかなかうまくいかないんですなあ。血迷って大学生ながら婚活パーティーに参加しようとした僕は大いに反省しています。
オチの難易度の高さはありますが、世界観とマッチした見事なオチでしょう。かなり面白い。
太ったコリン・ファレルも面白く、その他かなり良い役者が揃っていますが、やっぱりレア・セドゥたん。普段はニコリともしないのですが、一瞬だけ口角の上がる瞬間があり、たまんねえ、となるのです。
YU66の感想・評価
何ともエキセントリックでシュールで、何が起こるのか終始ドキドキ。
訳がわからないホテルのルールや色々な人物。夢で見そうな無茶苦茶感、こんな映画は嫌いではありません。コリンファレルのイメージが変わること間違いなし。
ciatrをフォロー: