64 ロクヨン 前編

64 ロクヨン 前編

作品情報

製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年5月7日
製作国 日本
上映時間 121分
ジャンル スリラー>ミステリー

あらすじ

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。 平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発生。刑事部と警務部の軋轢、未解決のロクヨンと新たな誘拐事件の関係、そして三上の一人娘の行方――。怒涛の、そして驚愕の展開が次々と三上を襲う

関連まとめ

新着感想・ネタバレ

takiaiboの感想・評価
ただ単に豪華キャスト揃えただけでなくそれぞれが引き立っている。内容も未解決の誘拐事件をとりまく警察組織の問題と主人公の苦悩、と、ありがちな内容ではあるが丁寧に表現されていて見応えは十分。後編に期待。
toshibakuonの感想・評価
未解決の誘拐事件により上司、記者クラブ、警察内部など様々なところで軋轢が生まれる。理不尽な命令にイラっとくるし記者クラブの板挟みにあいとても苦しい立場で発狂したくなる。ただ本当に苦しいのは娘を殺されてしまった父親だし昭和最後の混乱の中の事件に対して失態を隠したのが悲劇のはじまりだ。役者さんたちが泥臭くて人間味がある。後編はどんな展開になって行くのかとても楽しみ。
aw139の感想・評価
飛行機
ciatrをフォロー: