64 ロクヨン 前編

64 ロクヨン 前編

作品情報

製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年5月7日
製作国 日本
上映時間 121分
ジャンル スリラー>ミステリー

あらすじ

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。 平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発生。刑事部と警務部の軋轢、未解決のロクヨンと新たな誘拐事件の関係、そして三上の一人娘の行方――。怒涛の、そして驚愕の展開が次々と三上を襲う

関連まとめ

新着感想・ネタバレ

Sensyu_Kishimotoの感想・評価
@柏キネマ旬報シアター
satokom31の感想・評価
3時間一本でよかった感。
nanaco_0516の感想・評価
キャストに惹かれ、テーマに惹かれ、映画館へ。原作うちにあるんだった。先に読んで観に行けばよかったと思った。
キャストは豪華で、丁寧な作り。
観ていてドキドキした。佐藤浩市が渋くて、泥くさい感じで好き。瑛太はこんな演技してたっけ?と思うくらい。演技上手くなってた。
ciatrをフォロー: