64 ロクヨン 後編

64 ロクヨン 後編

作品情報

製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年6月11日
製作国 日本
上映時間 119分
ジャンル スリラー>ミステリー

あらすじ

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。 平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発生。刑事部と警務部の軋轢、未解決のロクヨンと新たな誘拐事件の関係、そして三上の一人娘の行方――。怒涛の、そして驚愕の展開が次々と三上を襲う

関連まとめ

新着感想・ネタバレ

Sensyu_Kishimotoの感想・評価
@柏キネマ旬報シアター

ストーリーもしっかりしているし、俳優たちの顔ぶれもすごい。見ごたえのある作品。
とくに64時代を知っている者にとっては感慨深いものがある。
nanaco_0516の感想・評価
これでよかったのかな、という終わり方。いろいろと考えさせられた気がした。良い意味で、映画館で疲れた作品だった。
southpumpkinの感想・評価
前編に引き続き同じメッセージ性で拡張していった後編。記者クラブにもまた組織の一部であるなど、より一般化した印象でした。続編としてグッド。それぞれのキャラクターが多かれ少なかれ過去(ロクヨン)に囚われていることがわかります。しかしロクヨン事件、ロクヨン模倣事件の解決を通じてそれぞれが一歩前に進もうとする。強い生の渇望を感じることができます。永瀬正敏が圧巻の演技でした。過剰でもなく華美でもなく、永遠とも言える長い苦しみの中、誰が観ても「ロクヨンに取り残されている」という演技は素晴らしいものでした。
前編に比べてエンターテイメント性も増し物語としてのラストも見応えはあります。私刑に次ぐ私刑はインパクト大です。しかし本質は前編にあるように感じます。
前編後編通して扱っているテーマが複数あり、それらが散りばめられているため難しい社会派の映画と言えます。しかし誰の心にもしっかりと残るような作品であったように思いました。
ciatrをフォロー: