高台家の人々

高台家の人々

作品情報

製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年6月4日
製作国 日本
上映時間 116分
ジャンル ドラマ・恋愛>恋愛>ラブコメディ

あらすじ

平野木絵(綾瀬)は、“妄想”が趣味の口下手で不器用なOL。そんな彼女が勤める会社に、ある日、名家“高台家”の長男・光正(斎藤)が転勤してくる。長身でイケメン、祖母がイギリス人のクォーターで、東大卒、オックスフォードに留学経験もある光正と木絵にはまるで接点がない。決して交わるはずのないふたりだったが、光正が木絵をいきなり食事に誘い、その関係は次第に深くなっていく。 しかも、木絵が“妄想”で頭の中をいっぱいにしているときに、普段はクールな光正がキュートな笑顔を見せるようになる。まるで彼女の“妄想”を一緒に楽しむかのように。そう、彼は人の心を読める“テレパス”だったのだ。心が読めるがゆえに人間関係に辟易していた光正にとって、木絵の奇想天外な妄想と、純粋で温かい心の声は心地よかった。 しかし、順調に交際する二人に名家“高台家”という壁が立ちはだかる。 釣り合わない恋だと二人の関係を許さない光正の母。 そして、“テレパス”が二人の関係を変えていくことに……。

新着感想・ネタバレ

tremolo779の感想・評価
こういう“人の心が読める能力”が題材になってるものって、基本的に主人公が読める側が鉄板だと思うんだけど、主人公の木絵は読まれる側。

木絵の妄想部分のマンガ的な表現で、もっとギャグ全開!って感じかと思ったんだけど、ストーリーの流れはしっかりしてたと思う。
まぁ映画だからか、2人が付き合うとこまで大分急ぎ足な感じはあるけどしょうがないかな。
観客は“読める側”の目線から見てるから、逆に光正はどう思ってるの?っていう部分は明示されてはいなくて、個人的には逆にそれがいいと思った。
後は木絵の天然な感じとか、突拍子もない発想が出て来る感じが、綾瀬はるかだから違和感なく凄くしっくりくる。
ドラマ版?は小松菜奈が演じてるみたいだけどなんか違和感ある。
Shoichi_Hirakiの感想・評価
2016/12/26
aw139の感想・評価
飛行機
ciatrをフォロー: