高台家の人々

高台家の人々

作品情報

製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年6月4日
製作国 日本
上映時間 116分
ジャンル ドラマ・恋愛>恋愛>ラブコメディ

あらすじ

平野木絵(綾瀬)は、“妄想”が趣味の口下手で不器用なOL。そんな彼女が勤める会社に、ある日、名家“高台家”の長男・光正(斎藤)が転勤してくる。長身でイケメン、祖母がイギリス人のクォーターで、東大卒、オックスフォードに留学経験もある光正と木絵にはまるで接点がない。決して交わるはずのないふたりだったが、光正が木絵をいきなり食事に誘い、その関係は次第に深くなっていく。 しかも、木絵が“妄想”で頭の中をいっぱいにしているときに、普段はクールな光正がキュートな笑顔を見せるようになる。まるで彼女の“妄想”を一緒に楽しむかのように。そう、彼は人の心を読める“テレパス”だったのだ。心が読めるがゆえに人間関係に辟易していた光正にとって、木絵の奇想天外な妄想と、純粋で温かい心の声は心地よかった。 しかし、順調に交際する二人に名家“高台家”という壁が立ちはだかる。 釣り合わない恋だと二人の関係を許さない光正の母。 そして、“テレパス”が二人の関係を変えていくことに……。

新着感想・ネタバレ

sharaponの感想・評価
誰にでも知られたくない気持ちはある。たとえ夫婦でも。
toshibakuonの感想・評価
人の心が読めたら何かと便利だと思うけど(ポーカーとかやったら無敵?)思ってる事が実際にわかってしまったら苦痛になるだろうな。人の本音は恐ろしいし、人とのコミニュケーションはとらなくなるはず。空想って楽しいし自分でコントロールするから面白い感じにはなるけど綾瀬はるかの空想はぶっ飛んでるな。
skr_icjの感想・評価
テレパス能力が本当にあったとしたら、読める方も読まれる方もしんどい。心の奥で考えていることがもしすべて伝わってしまったら、すべての人間関係はどうなってしまうのか。コメディタッチなのに、真剣に考えてしまった。後半のうじうじタイムから少し長いな、と思ってしまったけれど、あの主人公ならではのエンディング。ポップなシンデレラストーリーとして楽しめる。
ciatrをフォロー: