あやしい彼女

あやしい彼女

作品情報

製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年4月1日
製作国 日本
上映時間 125分

あらすじ

見た目は20(ハタチ)歳、中身は73歳! とっても可愛いのに・・・どこか変? 誰にも言えない秘密を抱えた、“超絶あやしい20(カノジョ)歳”が日本中を魅了する 可愛いルックスと天性の歌声を持つ20歳の女の子・大鳥節子(多部未華子)。その容姿とは裏腹に、口を開けば超毒舌、相手かまわず罵声を浴びせ、時には熱く説教をする。そんな“超絶あやしい20歳”の正体は、73歳のおばあちゃんだった! 戦中生まれの下町育ち、早くに夫を無くし、女手一つで娘を育ててきた。望むような人生を生きられなかった主人公に訪れた二度目の青春!突然若返った彼女は、こうなったらとことん好きなように生きてやる!と髪型も服装もチェンジ、家族も名前も捨て去って、新たな人生をスタート。そんな彼女の天声の歌声は、魂を震わせ、たちまち周囲を魅了していく。 実の娘の心配をよそに、イケメン音楽プロデューサーにスカウトされ、しがないバンドマンの孫とまさかのバンドデビュー!?長年彼女に想いを寄せる幼馴染の次郎も巻き込みながら、初めて思い通りの人生を歩む節子___そんな彼女が最後に気づく大切なものとは?

新着感想・ネタバレ

toshibakuonの感想・評価
韓国版のリメイク。コメディが前面に出ていて自分好みの映画で時にしんみりウルっとくるのでバランスが良い。若いうちに後悔なくやりたい事をやろうと思った。音楽は小林武史が担当で映画とともに音楽も楽しめたのか良かった。
Spicysabletの感想・評価
戦災孤児で波乱な人生を送ってきたとしても、もうちょっと上品なおばあさんだったら良かったな。
そこ以外は感情移入してしって入り込んで観てしまった。
skr_icjの感想・評価
元映画の良さを残しつつ、多部未華子さんの魅力があふれる。邦画のコメディは苦手なんだけど、これならOK。内容は知っているので安心して観ながら、多部さんの歌唱力に癒される。歌謡曲の力を感じた。
前髪、切りたくなる。
ciatrをフォロー: