アイアムアヒーロー

アイアムアヒーロー

作品情報

製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年4月23日
製作国 日本
上映時間 126分
ジャンル スリラー>ホラー>ゾンビ

あらすじ

鈴木英雄(大泉洋)35歳。職業:漫画家アシスタント。彼女とは破局寸前。 そんな平凡な毎日が、ある日突然、終わりを告げる。徹夜仕事を終えアパートに戻った英­雄の目に映ったのは、彼女の異形の姿だった。一瞬にして現実の世界は崩壊し、姿を変え­て行く。謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体ZQN(ゾキュン)で街は溢れ、日­本中は感染パニックに陥る。標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に­向かう英雄。その道中で出会った女子高生・比呂美(有村架純)と元看護師・ヤブ(長澤­まさみ)と共に生き残りをかえた極限のサバイバルが始まる。果たして彼らは、この変わ­り果てた日本で生き延びることが出来るのか。そして、英雄は、ただの英雄(ひでお)か­ら本当の英雄(ヒーロー)になれるのか!?

新着感想・ネタバレ

ekurmovの感想・評価
邦画でゾンビもの、かつメジャー作品というもなかなかめずらしい

カメラワークやらショッピングモールやら散弾銃やらとゾンビもののエッセンスはしっかりおさえつつ、小物や報道番組なんかで日本としての違和感のなさがしっかり演出できて非常に満足できました
ゾンビの造形もいいですね
這いまわるとか太ったやつとかの定番もいれば通勤電車とか電話するやつとか日本らしいのもいて素敵です

あと有村架純がかわいい
ゾンビものって主人公の場合除いて可愛い女の子って大体すぐ死んじゃうんですけど、今回は最後までいてくれてよかった、いるだけだけど、いるだけでかわいい

と言う具合に、おおむね満足だったんですが、終盤ちょっと単調な感じがしてしまったので☆4でした
ゾンビ映画がもっと流行るといいですね、ウィルスだけに?
chihoの感想・評価
ヒメアノール、クリーピー、アイアムアヒーローと、なんでこんなのばっか借りちゃったんだと、もうグロでお腹いっぱい
ちはやふるを間に挟むべきだったな。
ゾンビ映画初見なのであれですけど、もっとゾンビパニックに徹底してたらなぁ。
ゾンビシーンのクオリティの高さに対してドラマ部分の安っぽさよ。。ゾンビの頭吹き飛ぶより気持ち悪いのはそこだった。
toshibakuonの感想・評価
邦画のゾンビ映画はこれまで観れたもんじゃなかったけどかなりクオリティーか上がってると思う。バイオハザードほどのしつこさが無かったけど突然ゾンビだらけに放り込まれたらパニックになるだろうな。原作は読んでないのでわからないけどなんで有村架純は噛まれても半分は人間の心を持ったままだったのだろうか?の疑問が残る。
ciatrをフォロー: